貧乏と怠惰とこたつ

貧乏生活者のブログです 

田舎で自給自足生活か都会でスーパーもやし麺類生活か

-
チャーチル
 
朝 食パン 目玉焼き コーヒー
昼 インスタントラーメン(もやし)
夜 焼きそば(キャベツ 鶏肉)

食費132円

インスタントラーメンは以前買った一袋30円のものです。
一袋9円のもやしと合わせて1人前39円のラーメンです。
焼きそばは一袋9円のものです。
キャベツと鶏肉と合わせて一人前29円の焼きそばを2人前作りました。
58円です。

食費を安くしようとすると麺類がエースになっていきます。
美味しい、おかずがいらない、安いの三拍子揃っているからです。

食費を安くするという観点でいうと田舎で自給自足生活よりも、都会でスーパーもやし麺類生活のほうが安く済みます。大量生産大量販売に支えられた安売りの威力で暴力的ともいえる安さを実現できるからです。
とはいえどちらの生活が優れているともいえず、後は哲学の問題でしょうか。

一つだけいえることはどんな場所でもお金がかからない生活はできるということです。
置かれた場所で咲けばいいということでしょう。

お金がかからなければ労働に費やす時間を縮小することができる。
余った時を好きなように過ごせばマイナスの時間がプラスになるということです。
仕事が楽しいだとかやりがいがある人にはあてはまりませんけどね。
私のように嫌々労働をしていた人間にとっては今の生活のほうが効率的だということです。
養う家族がいない独身者だからいえることかもしれませんが、それは置いておきましょう。

自給自足生活に憧れたこともありましたが、都市部で根を下ろした現在しばらくこの場で花を咲かせるよう日光を浴びて養分を吸収してぼちぼちやっていくことにします。


貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






関連記事

背広を褒められる

-
チャーチル
 
どうも私です。
保護者様に先生どうしたんですかと聞かれました。
私は何がでしょうか?というと背広の事を言われました。

正直私は値段が高いからいいものだと判断していました。
すなわち私のありのままの目で評価を査定するとはっきりいってよく分からない。
AOKIのスーツと何が違うのだろう?今でもわかりません。

にもかかわらず見る人が見れば一目でわかるものなのか……私は戦慄しました。
他人は自分なんてそうそう見ていないといいます。
実際私は今でもそう思っていますが、中には見ている人間もいるということでしょうか。

私は(前の背広と比べて)そんなに違うものですか?と純粋に聞きました。
すると光沢が全然違うし、触ってみればすぐ分かりますよと服をなでなでされました。
彼女はランチの時にもファッションの話しをずっとしていましたので分かる側の人間なのでしょう。

なるほどさすが義兄だ。ブルジョア社畜だけある。
この年になるとそういう事ちゃんとやらないとモテないんだよと言っていました。
いい終わった後、姉には言わないでねと苦笑していました。
私はもちろんですと言いました。
義兄も男ですからいろいろあると思いますが、うまく立ち回ってもらいたいと心底願いました。

高いスーツを褒められたのですが、私自身が褒められたわけではない。
が自分自身が褒められたと錯覚に陥ってしまうのも無理がない。
なるほど、高級品への憧れとはこういったところからくるのか、極貧人は学習しました。

とはいえ虚しくなるのも事実ですので、私はそちらの方向に舵をとらない。確信に似た自信があります。
自分で新調する場合AOKIのスーツでも充分高級品です。
清潔感は安物でも実現できるはず。
とはいえせっかく貰った高級スーツですから大切に着ていきたいと思います。


貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






関連記事