アクセスランキング

島原の乱

俳優の高橋秀樹さんが司会をやっている
ライバル達の光芒が好きだったのですが
とっくに終わってしまいました。姉に
ビデオを毎週とってもらっていたので
まだ在庫はありますが。

島原の乱が起こった原因が幕府の
鎖国政策が原因だとは
知りませんでした。

しかも一揆軍は一度は幕府軍を追い返して
いるのですね。

当初は御神輿でしかなかった天草司郎が
落城間際には指導者としてのカリスマ性が
備わっていたというのを見て、立場が人を作る
という言葉を思い出しました。

鎖国政策は徳川幕府が長年続いたという結果
を見ると正しかったんでしょうが、その政策の
おかげで追い込まれた人達がいたという事実……
政治というのはつくづく難しいものだと思います。

自分一人食っていくだけでもいろいろ苦悩が
あるのですから当たり前かもしれませんね。

おもしろき こともなき世を おもしろく


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

北条政子の演説は日本史上最高の演説である

真田丸が終わり女城主直虎が来年始まります。うーん誰か全然分からないですね。歴史通ならば常識クラスかもしれませんが私にはさっぱり分かりません。

大河ドラマは昨今男女交代でやっていきる感がありますが、あまり知名度低い人を持ってこられても困ってしまったおまわりさんになってしまいます。

男女平等が叫ばれる世の中ですが大河ドラマは無理して女性を使わなくてもいいと思います。それでもどうしてもかっこいい女性を書きたいのならば……かなり前にやりましたけどリメイクでね北条政子をやればいいんですよ。

この女性は本当にすごいです。周りの反対を押し切り夫と結婚しますが今の時代ならともかくこの時代の格式高い家でこんなこと尋常の人間ならとてもじゃないができないと思うんですよね。それでも彼女は押し切った。そして晩年歴史に残る名演説をします。


皆心を一にして奉(たてまつ)るべし。是(こ)れ最期の詞(ことば)なり。故右大将軍(こうだいしょうぐん)朝敵を征罰し、関東を草創してより以降、官位と云ひ俸禄と云ひ、其の恩 既に山岳よりも高く、溟渤(めいぼつ)よりも深し。報謝(ほうしゃ)の志浅からんや。而(しか)るに今逆臣の讒(ざん)に依りて、非義の綸旨(りんじ)を下さる。名を惜しむの族(やから)は、早く秀康(ひでやす)・胤義(たねよし)等を討ち取り、三代将軍の遺跡(ゆいせき)を全うすべし。但(ただ)し院中(いんちゅう)に参らんと欲する者は、只今申し切る可(べ)し者(てえ)り。



意訳すると

皆の者心を一つにせよ。今から言う言葉は私の最後の言葉だから心して聞け。私の旦那頼朝は敵を滅ぼして関東に政権を作った.。お前たちの身分は上がり給料は増えいい家に住みいい暮らしができているだろう?それは全て頼朝のおかげといっても過言ではない。その恩義は山よりも高く海よりも深い。しかしながら!!今その恩を忘れた人非人 どもによって理に反した命令が下された。名を惜しむ人間は……ほんの少しでも武士としての誇りを忘れない者は!今すぐに逆賊どもと戦いなさい!それでも上皇に付きたいというものはこの場で申しなさい。

日本史上屈指の名演説であり、他の追随を許しません。この演説はかっこいいばかりでなく、実際に歴史の流れを大きく変えた決定打になりました。人の心は強気に流れます。もし政子が何もできずオロオロするばかりの女性であったら、日和見主義者達は日に日に離脱していき幕府は承久の乱で負けていた事でしょう。

人は過去を忘れていく生き物です。裕福な暮らしが長くなるとそれが当たり前になりなんとも思わなくなる。政子の演説は頼朝以前の暮らしに戻るのかと痛烈に過去の記憶を思い出させました、同時に亡くなった頼朝への忠誠も蘇ったでしょう。シンプルながら要点を掴み、人の心の奥に直接訴える。今まさに幕府が滅びるかもしれないという時に毅然としてこれだけの演説をした政子は並大抵の人間ではありません。

是非今の映像クオリティで政子の活躍を見たいものです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター