アクセスランキング

婚活を1年頑張りプロポーズも成功したがたった一つの行動で破談になってしまった男

どうも私です。婚活における悲劇とはなんでしょうか。様々な悲哀がありましょうが、一度決まった結婚が破談になることは最上級の悲劇といえるでしょう。

今回はたった一つの行動で破断になってしまった男の事を話したいと思います。思わせぶりですが私ではありません。当時の年齢は32歳。彼は生真面目な男で女性に対して積極的ではありませんでした。付き合った女性は人生で一人。その女性とも結ばれることなくプロの女性で儀式を終えました。外人さんだったそうです。

顔はそれほど悪くなく、身長、体重も標準程度。地元では名の通った企業に勤めていました。そんな彼も30過ぎたころから親からの結婚してほしいという圧力が日に日に増していきます。彼は婚活をすることにしました。

やるとなると手抜ができない彼は仕事以外の生活のほとんどを婚活にささげました。とはいっても出会ったことがない他人が夫婦になるのですからそこはもう難易度は高いものでなかなか成果がでません。

婚活も1年がすぎ、親からの嘆きのような愚痴を聞かされ、彼は心底面倒くさくなっていました。そんな時にある女性と出会います。口ベタな彼は女性と食事をしても話を盛り上げることができず、いつも気まずい雰囲気になってしまいます。

しかしながら種子さん(仮名)とは楽しく時間を過ごせることができました。特別趣味が合うとか共通の話題があるというわけではなかったのですが、人間としての相性がよかったのかもしれません。

その後二人で何度も会い信頼を深めていきました。彼は真面目なのでその間ホテルに誘うこともありませんでした。そんな彼をどう思っていたのかは分かりませんが、誠意を見せたということです。

そして出会って4か月後結婚をしてほしいと彼女に申し込みました。種子さんは了承しました。何事もなければ二人は今現在夫婦になっていたかもしれません。

悲劇はその一か月後訪れました。彼は食事マナーが悪いことを自覚しているのでそれをかなり意識して緊張感を持ちながら食事をしていました。

しかしながらプロポーズが成功して気が緩んでいたのでしょうか?いやそうなんでしょう。そうとしかいえないでしょう。二人は映画を見た後に喫茶店に入りました。

ホットドッグを頼みます。その時歴史が動いた。彼は食べ終わった後のお皿をなめてしまったのです。それは意識してやったことではなく幼い頃からの習慣が無意識に出たということでしょう。

一度ではなく3なめくらいはいったと後に告白していました……私はそれを聞いて大いに笑いました。その瞬間笑顔だった種子さんの顔が引きつったのでしょうか?食べ終わった後に彼女が喋らないことを不思議に思ったそうですが彼はその時は気分の問題だろうと特別気にしませんでした。その後結婚はなかったことにしてほしいという趣旨のメールが無情にも受信されていました。

この段階において訳が分からない彼は必死に翻意を迫ったのですが彼女のサイコロが振りなおされることはありませんでした。観念した彼はそれなら理由を聞かせてほしいというと、皿をなめた件がどうしても生理的に無理だといわれました。彼女は必死に考えたそうですが結婚前から生理的に無理な人と一生共にするのは厳しいとのことです。

彼はいわれて初めて気付いたのです。自分はさんなめはしていたということを……彼は潔い男でした。種子さんにしつこくすることなく紳士的に別れます。どうせならホテルに誘っておけばよかったのにという私のような発想を彼はしませんでした。私は彼を尊敬しました。

たった一つの行動で破断になってしまった彼は現役の独身です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

顔と年齢だけを見て婚活をする男達

http://diamond.jp/articles/-/113539

はい婚活批評をする中年低年収独身男です。リーチ一発ツモ裏ドラ3のような爽快感を感じてくれたらこんなにうれしいことはありません。さっそくいきましょう

顔と年齢だけで女性を判断する身の程知らず男という記事です。とても面白そうな記事ですね。

この記事では30代、40代の女性は嫌だという男性に対して苦言を呈しています。なるほどまずは私も綺麗事は嫌いですから書きますと、女性の婚活市場においての価値は容姿と若さがかなりの部分を占めるという大前提としてあります。

しかしながら30歳という区切りに大した意味はないと思うのです。例えば30歳の誕生日を明日に控えた女性がいたとしましょう。彼女は1日経つと一気に老け込みますか?いえそうではありません、1日分老けるだけです。

人は1年ごと10年ごとにまとめて老けるのではなく、一分一秒、少しづつ少しづつ老けていくのです。

ようするに人は節目を重要視しますがたいした意味はないわけです。需要が少ないけれど質が高い商品を狙うのが商売の基本ですね。婚活も究極商取引みたいなものです。

すなわち30代前半の女性は競争率が低くなる傾向にあるのでそこを狙っていくのはうまいやり方だと思います。29歳の女性と比べて実質的にたいした違いがないにも関わらず市場価値が落ちているのですからお得ですね。

ここで40代の女性に目を向けてみましょう。子供を産むという点において女性のほうが負担が大きく制約もまた大きいわけです。

高齢になれば出産に危険が伴いますし、そもそも妊娠できる確率が減っていくのが事実です。

ですから二人で家庭を築いていこうという男性にとっては40代女性は狙い目だと思うのですよ。まともなら付き合えないような美人が市場に落ちている可能性があります。

次は趣味ですね。

女性の旅行はお金がかかる女性がよく書いているものとして警鐘を鳴らしています。これはですね、海外が頭についている場合は要注意です。単純に国内よりお金がかかります。近場の韓国の場合でも渡航費は安いですが買い物目的というケースが多いですからいずれにせよお金はかかります

これは私の数少ない経験からくる偏見ですが料理が趣味と書いている人も確かに料理下手な人が多い印象はあります。料理がうまいひとはそれが自然体になっていますからそこまでアピールしないんですね。得意料理がパスタならもう下手だと断じてもいいでしょう。

趣味が韓国語のケースにも触れていますが、これはもう鉄版で韓国ドラマ好きです。韓国語は実用性がないんですよ、話者は7500万人程度で英語の1/20以下ですからコスパが悪い。にもかかわらず話したいと思うのは韓国ドラマ好きだからです。そしてその中の多くはイケメンが好きなんです。とはいえイケメンが好きでない女性はそうはいないとは思いますが彼女達はそれが顕著ですね。


韓国ドラマに出てくるようなイケメンと恋に落ちたい!ワンチャンあるで!という妄想が韓国語取得の原動力というわけです。ですから家に帰ったら韓国ドラマが常に流れている、アンニャー?ウルハセヨーと聞こえてくる中で食事をする環境を想像してそれが嫌でなければ問題ないでしょう。下手をすれば追っかけにジョブチェンジするかもしれませんがそうなったら御愁傷様です。

逆の視点でみると女性の趣味は読書と書いておくのが一番いいと思います。これはマイナスになりようがありません。それが例えBLのようなホモ漫画でも趣味は読書と書いておけばいいんです、結婚後にカミングアウトすれば問題ないでしょう。

最後に顔と年齢だけは譲れないという男性に対して自分のスペックをひたすら上げ続けることを筆者は推奨していますが、結局これに尽きるんですね。ムシのいい話はないということでしょうか。

まとめとしてましては需要が少ない集団の中から金の卵を見つけろということです。それは30代、40代女性であったり、チビ、デブ、ハゲの男性だということですね。

中年独身低年収フリーター男の婚活批評シリーズはまだまだ続きます。最終回はこんな私でも結婚できました!という報告で終わる予定なんですが、現時点では妄想だといってもいいでしょう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

私は結婚できませんか?寂しいと嘆く37歳専業主婦希望の女性



少しフェイク有りで書きます、37歳のおはなと申します。

10年以上彼氏がおらず、周りの友達はとっくに結婚をして子育て奮闘中、むしろ最近では新しく結婚する同年代の話はぱったり聞かなくなりました。

30歳になったぐらいから「私もいつかは…」という思いから「いつになったらできるのだろう?一生ひとりは寂しい!」という焦りや孤独感が入り混じり、色々な人にアドバイスをもらったり婚活アプリなどを駆使しましたが、交際までに至りませんでした。

友人からは「妥協も大事」とか「結婚生活はギブアンドテイクだから自分からは何が提供できるのか、おはなと付き合うメリットは何?」などと言われるのですが、私にはどうしても諦め切れない相手への条件があるし、メリットとかの話もよく分かりません…。ただ好きー!と思えて、私のこともたくさん愛してくれる人に出会いたいだけなのに。

婚活アプリをしていた時にもいいね!はたくさんもらえていたので、外見はブスではないと思います。痩せ気味なので、女性らしいセクシーさがないのがいけないのかなと思って、イソフラボンのサプリとか胸に効くクリームとか塗ってますが効果はイマイチです。

理想は私の両親のような夫婦で、母のような女性になりたいです。母は専業主婦で、私も申し訳ないのですが働きたくないのです。(お叱りを覚悟ですが、大学卒業後、いちども働いたことがなく実家で家事手伝いをしています。)

母が女性としてパーフェクトなので、父からも愛されて、自由にのびのびと生きていて、笑顔がかわいらしく、そして家事も完璧です。私も母のように、夫に愛され、子供に恵まれ(男の子も女の子も欲しいです)、のびのびと暮らし、家事をしたいです。

できれば父のように年収1000万以上、いま地方暮らしですが息苦しいので東京に行きたいです。45歳以下のバツ無し男性との結婚は難しいでしょうか?またどこで出会えますか?



どうも貧乏な者です。

今回は37歳で結婚できないと嘆く女性の相談です、名前はおはなさんです。本人の許可なく勝手に答えていきましょう。彼女の結婚相手の条件としては45歳までの×なしそして年収は1000万以上です。

うーむまずですねこの条件満たす男性はどのぐらいいるのでしょうか?30代以上で年収1000万円以上の男性の割合は2%です。つまり50人に1人ということになります。学校のクラスに1人いるかいないかのレベルですね。

そして30代男性の既婚率は60%弱です。2人に1人以上は結婚しているわけですね。すなわち30代で年収1000万の未婚の男は100人に一人レベルです。

これもずいぶん甘く勘定したわけですよ、というのも年収が高くなればなるほど既婚率は上がる傾向にあるので、実際は200人に1人レベルではないでしょうか。

40歳~45歳ですが、年収1000万以上の男は7%と跳ね上がるのですが、未婚率は30%になります。単純計算ですと50人に1人レベルですが、バツイチも当然含まれますし、年収が高いほど結婚している法則もあてはまるので、これも100人に1人レベルでしょう。

そしてもう一つの法則である、等価交換の法則、婚活では大抵同じようなレベルの男女がくっつくわけです。となると彼女は100人いればトップクラスの価値を持たねばならぬわけです。そこらへんはおはなさんの友達も指摘しております。相手に何を提供できるのか?おそらく何もないのでしょうね。

客観的にいえば年収400万の男もおはなさんを選ぶことはないでしょう。つまり婚活市場においてはスクラップ同然であり、抜本的に改革する必要があります。

彼女はなんと大学卒業後一度も働いたことがないという筋金入りのニートですが、この気持ちはよくわかります。私もできればニートをしていたい、労働なんて一切したくないです。しかしながら私に共感されている時点で婚活は絶望的といってもいいでしょう。

今時年収1000万前後なら妻にも働いてもらいたいと考える男は多いでしょうからね。となると37歳まで働かずにいられた自分の環境に感謝してそれ以上を求めない、足るを知るの精神で今後も人生を生きるのがベターといえます。

父といられる今を大切に!ということでこのへんで失礼します。





にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター