アクセスランキング

就職しました

長年怠惰生活を満喫していた私でしたが、
怠惰生活にピリオドをうちました。

今朝友人が会社から独立して、人手が足りないので
私に一緒にやらないか?とお誘いがありました。
私は仰天しました。
長年ブランクがありますし、怠惰というぬるま湯に

どっぷり漬かっている私が、今更戦力になるかと
いうと大いに疑問です。起業というマラソンは
エネルギーと資本と長年のノウハウ、培った人脈
すべて出し切っても完走が難しいレースなのです。

私は断りましたが、友人の語る夢に魅せられました。
俺達で会社を大きくしていこう。

俺が会社を大きく
するから手伝ってくれではなく、俺達で会社を
大きくしていこうという言葉に惹かれました。

もちろん対等な立場ではありません。友人は長年
築きあげた物を全て賭けようというのです。
何も築いていない、何も出さない私と対等では
ありません。

しかしながら、青い血がまだ私の身体の中に
残っていたようで、昔の学友が戦友になり、
資本主義世界でもう一度戦うと考えると
身体が熱くなりました。

友人との電話を終えた後、熱くなった身体を
鎮めるために、自慰をしました。

男性なら分かってもらえると思いますが、
自慰というのは快楽のためだけに行うのではなく、
自分の気持ちを落ち着かせるのに有効なのです。

男性が皆、自慰を終えた直後の精神状態なら
世の中から犯罪や諍いは激減するでしょう。
いわゆる賢者モードというやつです。
賢者モードになった男は世界平和や
宇宙の事を考えます、心が壮大になっているのです。
物事を判断するのに適した状態だといえるでしょう。

そして無事賢者モードになった私は考えました。
この話を受けるかどうかです。
私は主に二つの問題点があると思いました。
一つ目は収入です。

普通の人間なら転職することによって、今の生活
を維持できるかどうかをまず心配するでしょう。

しかし私は普通の人間ではありません。
普通の稼ぎではありません。
普通の支出ではありません。

どんな安月給でも生活を維持していく
自信はあります、死角はありません。
ですから生活の維持という問題はクリアです。

二つ目は怠惰という泥沼……ぬるま湯に
浸かりきった身体で、資本主義社会の戦いに
ついていけるかどうかです。

私がどうこうというより、友人に迷惑がかかるので
前者より深刻な問題かもしれません。
私は友人に電話しました。

私はこの事を友人に伝えると、おまえなら大丈夫だ
と太鼓判を押してくれました。何が大丈夫なのか
まったく分かりませんでしたが、説得力を感じました。
人間時に理路整然とした理屈より、根拠のない激励
に説得力を感じるものなのです。

私は決断しました。私が戦う戦場はここだと。
もう一度兵士になって、戦場で戦うのだと。
日本国を疾走する侍になるんだと。

侍は友人にいいました。

「エイプリルフールって江戸時代にもあったの?」

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

LEADERS リーダーズ

トヨタの創業者をモデルにしたドラマ、リーダーズ。
アイチに名字を変えていたのはフィクション要素の
ためでしょうか。ところどころ半沢直樹を
見ているような感覚になりました。

佐藤さんと宮沢りえさんと日銀の総裁との因縁はいかにも
ドラマっぽいですね。宮沢りえさんのシーンは
早送りでみました。こんなとってつけたような
因縁はどうでもいいのです。見たいのはトヨタの
ドラマなのです。

印象深いのはトヨタの住友銀行への怨念でしょうか。
トヨタが全面協力して作られたドラマらしいですが、
怨念を感じました、正直恐ろしいです。

住友銀行もお金を貸せない事情があったのでしょうが、
お金を貸せない事情を誠心誠意説明していれば
ここまで恨みをかうこともなかったのではと
思ってしまいました。

機屋(はたや)に貸せても、鍛冶屋には貸せない
などとわざわざ煽るような事はいう必要はなく
人間言葉が重要だと改めて感じましたね。
銀行員を金貸しというようなものです。

香川さん演じる日銀の支店長が住友の支店長を
一喝する場面ですが、私の感想としては正直やりすぎかなと
思いました。勧善懲悪は好きですが、ノンフィクション要素が
あるドラマと勧善懲悪の組み合わせに違和感を感じるのです。

後で銀行員の友人に解説して
もらったのですが

日銀がバックアップして実質的に銀行に負担がなく
全てお膳立てしているのにもかかわらず、その判断に
公の場でケチをつけられた。あげくのはてに過去の融資まで
日銀に保障しろといいだした、実際にああいう事が
あったかどうかはともかく、あの場面で怒るのは当たり前だと
いうことです。そもそも日銀と銀行が対等なわけがないと。

なるほどと思いました。トヨタのためだけに怒ったのではなく
自分の面子を潰されたということです。ようは俺の判断に
おまえごときがケチをつけるのかと
そういうことですね。

日銀と銀行の力関係
からすると、黙って従うのがベターなようです。

しかし強制ではありませんがという言葉は怖いですね。
この言葉ってこのドラマに限らず実質的に強制のケース
が多いんじゃないでしょうか。

ドラマ後半は労働争議がメインになりましたが、
あれは辛いですね。首切りの責任者なんて
普通の神経をしていたら持ちません。

理屈でいえば、このままだと船が沈んで全員
死んでしまう、だから一部の人間は船を降りて
死んでくれというのは正論ですけど、

降りて死ぬ人間からしたら、そんなの知ったことか
死ぬんならみんなで死のう、なんで俺達だけ
死ななきゃならないんだと
そういう思いになるでしょう。

私は降ろされるほうの人間ですから分かります。
そもそも最初から船に乗れないという事実は
とりあえず置いておきましょう。

会社勤めは大変そうですが、車を開発する過程で失敗を重ね
思考錯誤しながらチーム一丸となり成功した暁には
みなで歓喜の声をあげて涙するというのは
見ていて正直うらやましかったです。あそこまでの
充実感を得られる体験というのは娯楽では無理でしょう。

またこういうドラマをやってほしいです。

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

生活費が増加している

どうも私です。
突然ですが生活費が増加しています。
webライターを地道にやっているのですが

その収入をあてこんで浪費をしています。
具体的にいうと、近隣の図書館でどうしても
借りることができない本をamazonや楽天で
注文したりしています。人は知識欲と食欲
と性欲に抗うことは難しいのです。

webライターで貯めたお金は全て貯金する
予定でしたが、人とは弱いものです。

弱いのは人ではなく私なのですが
そこはいいでしょう、仕事でミスをした時に
宇宙は広い、人間はなんてちっぽけなんだ

仕事のミスくらいなんだっていうんだと
現実逃避するようなものです。
自分でいっていてなんですがよくわかりません。
ようは宇宙は広いということです。

現在、月3万円で生活しているというブログ名ですが
名前負けしています。というより事実と乖離
しはじめているので近々ブログ名を
変えます。

私はネーミングセンスなど
ありませんし、考えるのは面倒くさいし
ブログ名など飾りみたいなものですので

貧乏と怠惰とこたつというブログ名にします。
夏季は暑苦しいので貧乏と怠惰と扇風機に
変えるかもしれません。どうでもいいですね。

扇風機を最初は回す設定にしているのですが
暑くてどうしょうもなくなると、固定するのも
どうでもいいですね。

近々といいながら今変えるのもどうでもいいですね。
世の中どうでもいい事で溢れています。
しかしながら、どうでもいい事に楽しみを

見つけ出すのも人間です。
何がいいたいか端的にいうと
人間は素晴らしいということです。

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター