アクセスランキング

友達がいない人間は寂しい人生なのか

どうも友達が少ないものです。

蛭子さんの友達論を読んでいました。
おまえなんかいくらでも代わりがいるんだよ!という
パワハラを受けた人間がどれだけ日本でいるか

分かりませんが、実際代わりがいない希有な存在
というのは希少で蛭子さんもその中の一人というのが
私の個人的見解です。

私のブログの文章は全て私の個人的な見解なのですが
細かいことはいいでしょう。

友達なんかいなくても幸せに生きていける。
蛭子さんが書いた文章を見ていると
そう思わせる何かがあります。

実際娯楽の多様化が進む現代では、一人で楽しむ
趣味などいくらでも持つことはできます。

生活もサービスや家電の進化に伴い健康な身体であれば
一人で暮らすことに何の支障もありません。

飯だって大勢で食う飯もうまいですが、
一人で誰に気兼ねすることなく
食う飯だってうまいです。

私は毎日うまいうまいと飯を食っています。
実際三食飯食えるってかなり幸せだと思うんですよ。
1日3回幸せが訪れるということですからね。

話を戻しますが、友達はいないより
いたほうがいいとは思うんですよ。
私も数か月に1回学生時代の友人と飲んで雑談するのは
楽しいです。

ただ友達ではない知り合い程度の人間を、
あいつは友達がいない寂しい人間だと評価されるのを
避けるために、嫌々付き合って俺達友達だぜみたいな
事はむなしくなるだけだと感じます。

それならむしろ一人で好きなことをやっていればいい。

実際友達といえる存在って簡単に作れるものじゃないと思うんですよ。
知人と友達の間には高い高い壁があります。

蛭子さんがいうには今の時代絆、つながりや仲間友達などの概念を
必要以上に重く考える傾向があるといっています。

私なんかもそう感じる事は多々あります。

たかが外食するのに一人でいくと寂しいと思われるから嫌だとか
トイレを一人でいけないから連れションに誘う女学生並みの
精神ですよ。

一人で食事?惨めだな~っていっている人間は、
みんなでおしっこしようといっている女学生と同じレベル
ということです。

ようするに友達がいないことがどうこうというより
友達がいないと思われるのが嫌だと
ただそれだけなんじゃないでしょうか。

友達恋愛至上主義の現代において、著名人である蛭子さんが
堂々と友達なんていなくても楽しいといった事は、さすが蛭子さんだ
と評価せざるをえません。

バス旅行の相棒の太川さんは大変でしょうが、是非あの番組は
定期的にやってもらいたいものです。

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

孤独死は怖くないのではないか

どうも孤独死ロードというベルトコンベアに
乗っている独身男です、すっかり秋ですね。

人間誰でもいつか死ぬので、死ぬ事が
怖いと駄々をこねてもしょうがありません。
死ぬ時が来たら潔く死んでやる、でも
あまり痛くしないでねとそういう漢らしい
覚悟を持っているあたりさすが私です。

最近死についてよく考えます。

他の人間がどうだか分かりませんが、
私は体調が悪くなると人に会うのが
億劫になります。

理想をいえば元気一杯でお尻の大きい
女性の尻をもみながら、死んでいきたい
のですが、死ぬ間際で元気一杯
ということはないですね。

親しい人間に見送られて死ぬというのは
理想とされていますが、実際死ぬ時に
周りにうじゃうじゃいられたら、落ち着いて
死ぬ事もできません。

そう考えると、一人で死ぬのは
気楽でいいと感じます。

もちろん孤独死した私の遺体を片付ける
人間は大変です。

死期を察知したら
森の中に急いで走って行き穴を掘って土に埋まり
死んでそのまま植物の養分になれば迷惑
もかからないでしょうし、大木の一部になれれば
結構なことですが、

さすがに死ぬ間際の人間にそれだけの
労働をさせるのは酷というものでしょう。
ただでさえ私は怠け者なので、申し訳ないですが
私の遺体はその時生きている誰かに処理して
もらうことになります。

あの世というものがあるかどうかは分かりませんし
あったとしてそこで現世の価値観がどこまで
通用するのか分かりません。

しかしながら私は信じています。
お尻の大きい天使が私を迎えてくれる事を
信じる者は救われるというではありませんか。

ということで孤独死は怖くないと分かったので
枕を高くして眠ることができます。布団は
日干しすると気持ちいいですね。

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

キムタクでも年収100万なら結婚できない

どうもamazonから届いた本に図書館の札が
貼っていた事に憤慨している私です。
仮パクしたものを売るという小学生レベルの
人間にお金を払った事にイライラしてしょうが
ありません。

まったく関係はありませんが、

年収100万のキムタクと年収1000万の温水さん
のどちらを結婚するかというアンケートを見ました。
結果は温水さんの圧勝でした。

やはり男性は稼いでなんぼということですね。
これが男女逆で年収100万の美人と年収1000万
の不美人ならば結果は逆になるでしょう。

つまりそういうことです。
キムタクでも結婚できないのだから
私が結婚できなくても何も問題はない。

将棋でいうなら羽生名人や森内竜王が解けない
詰将棋を分からなくても恥ではないということです。

どうでしょうか?無理がある理屈でしょうか。
なんとなく私も思っていましたが、強引に
話を進めてみました。

結論としては結婚したければ稼げ。
自由を満喫したいのなら稼ぐな。
そんなところでしょう。

関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター