アクセスランキング

クジラの死骸上でガッツポーズした写真に感動した人間

どうも私です。クジラの死骸上でガッツポーズした
写真が大賞に選ばれた後、批判の末撤回されたという
記事を見ました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ3H5SJ4J3HIIPE01G.html

リンク先に写真はありますが、「征服」という作品名
だそうです。

選んだ審査員は

女性は朝日新聞の取材に「クジラは生きていると思った。
その上に乗っかるなんて 勇気があると思ったし、感動
したので選んだ。それが冒?と言われると何と言って
いいかわからない」と話している。


らしいです。


まずですね、死体を足蹴にした写真なんていうのは
悪趣味極まりない。食うために狩りをして解体するなら
ともかく、打ち上げられた死体の上に登って
ガッツポーズをすることが征服と感じるなんて
あほらしい感性ですよ。

そこに戦いはないわけじゃないですか。
例えるなら戦争の後に落ち武者狩りをして
武器や鎧をパクっているようなものです。
例えが的外れのような気もしますが、
気にせず続けていきましょう。

最近はなんでもかんでも自撮りしてSNSなどに
写真をあげるのが流行っていますけど、あれは
誰得なんでしょうかね?見ていても何も面白くない
のですが、そこは私の感性が世間についていけない
ということでよしとしましょう。そもそもこれが
自撮りなのかも分かりませんしね。

話を戻しますと
さんまだろうがいわしだろうがカツオだろうが一緒でね
死体を足蹴にしてガッツポーズなんて写真を
見せられても胸糞悪いだけじゃないですか。

この写真を見てクジラが生きていると思ったという
女性審査員は、もはや何をいっているのか分からない
レベルなのですが、例え生きていたとしても間違いなく
瀕死ですよね、勇気があるなんてとてもじゃないですが
いえませんし、これのどこに感動があるのでしょうか?

そのうえ
クジラ愛護団体が喜びそうな案件です。
クジラを特別視する必要はありませんが
彼らにいちいち餌を与えることもないでしょう。

死体にのった馬鹿
撮影して応募した馬鹿
それを大賞に選んだ大馬鹿

誰一人欠いても為しえなかった騒動。
このコラボはある意味で芸術ですけどね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>