アクセスランキング

顔出し著名人がよくやる炎上に対しての批判について

http://blogos.com/article/168581/

乙武氏の浮気騒動の途方もなく薄っぺらい正義感について


どうも先日乙武さんの事をこのブログで書いたものです。乙武氏の浮気騒動の途方もなく薄っぺらい正義感についてと言う記事を見ました。

記事の筆者の方によると乙武さんの不倫を批判する人は

1 不倫を絶対に許せない人
2 乙武さんを個人的に許せないと思う人
3 とにかく何か社会に対する不満を持っていて
  自分よりも弱い人や偉い人をパッシングすることで
  溜飲を下げるきっかけを求めている人


だそうです。

この手の記事をみるとどこかでみたなぁと、感じてそれが何なのか?考えてみると、あぁそうか!批判の批判なんだなと思い当たりました。私はどちらかというと乙武さんの件について擁護的に書いて

http://aragorun.blog.fc2.com/blog-entry-1049.html

いるので少なくともこの件については、彼の批判する層ではないですし、だからこそいうのですがやはり少し違和感があるのですよね。

それが何に起因するかというとというと彼らのエリート意識です。1億総評論家という揶揄がありますが、それはすなわちですね有名人でもない言論の世界でも生きていないただの一般人が評論なんて高尚な真似はするなよ、それは俺たちみたいな選民がやるものだろ?という本音が見え隠れするんですよ。えぇ私の勝手な推測です。

であるからいわゆる炎上を”無知な大衆による的外れの批判”というふうに受け取るわけです。無知な大衆がまるで一個の統一した意志をもった魯鈍な生物のように見えるんですね。当たり前ですけど、一人一人に意志がある。炎上というのは結果にすぎない。

炎上しているから影から石を投げるように安心して叩けるとか、ストレス解消で叩くとか、いろいろ分析されているのを私はネットのこの手の記事で見てきたわけですけど少なくとも炎上させている人間を直接調査したわけではない以上ですね、それはただの想像にすぎないわけじゃないですか?

即ちそれは分析ではなく、自分の感想にすぎないわけです。私が当記事で書いてる事と本質的にレベルが一緒なんですよ。
ようするに俺は有名人を叩いているおまえら有象無象どもが嫌いだから俺の推測で反論する!といっているだけのことなんですね。それを権威だとか、知名度などで修飾しているわけです。

これも私の推測ですけど、嫌悪感があるんじゃないでしょうか?自分と同じ有名人の仲間が、無名の有象無象に叩かれている
生理的に苛々するんじゃないでしょうか?だからこそ批判する。動機が先にきて理屈は後というわけです。

それではいわゆる普通の一般市民の行動をですね、考えてみましょう。まずはテレビなりネットなりラジオなりで有名人のスキャンダルを知ることになる。そしてその事について自分の感想などを掲示板などに書き込む。そしてある種の一定のコンセンサスが生まれる。それが批判的なものならば、結果として炎上という事になる。

炎上しているから、批判しているのではなく、批判が集まって、炎上になる。そしてそれは誰かが指揮をとって誘導したわけではなく、日本国に住む人間の価値観やモラル生き方、環境、身分、様々な要因が絡み合っているわけです。

私もネット歴は長いですから、炎上はいろいろ見てきました。確かにこれは理不尽だなと思う炎上もありましたよ。何の非もない
人間が晒し者になっているケースもありました。それはこれから是正していかなければならない問題だと思います。これは切実に思います。

しかしながら

大抵はね?そんな的外れにネットの住人は火を放っていないんですよ。この人間が気に食わないから荒らしてくれとか、この人間が嫌いだから炎上させてくれだとか、その書き込みに妥当性がなかったら、そんな依頼ボヤにもならないんですね。

これはさすがに倫理的にアウトだろう?というニュースがポータルサイトなどで刺激的な記事名で見るんですよ。その気持ちをどこかに書き込むことによって、炎上が起こるわけです。もし炎上がいけないというのならば、それは読者の問題ではなくシステムの問題による所が大きいのではないでしょうか。

http://blogos.com/article/168581/

乙武氏の浮気騒動の途方もなく薄っぺらい正義感について

話をこの記事に戻しますが、何か今の日本の空気おかしくないですか?というのはどうなんでしょうね?例えば不倫叩きにしても、ケースバイケースなんですよね。最近ではダウンタウン浜田さんの不倫報道はたいしてね、叩かれていなかったような記憶があります。


一方20年前……10年ひと昔ですから、二昔前ですね石田純一さんは不倫が文化だといって仕事がなくなるほど木っ端みじんに叩かれました。私の記憶によると、乙武さんの比じゃないくらい叩かれていたと思います。

結局ネットができ、一般市民も自分の意見を公の場に発信できるからそういう風に見えるだけであって、日本に住む人間の価値観自体はさほど変わっていないんじゃないでしょうかね?じゃなければ石田さんが仕事を失った理由がよくわかりません。所詮遊びでしょ?しょせん遊びでしょ?でも石田だけは許さん!っていうならそれはそれで石田さんがあまりに可愛そうではありませんか?


決して「昔の日本がよかった」などと懐古的なことを言うつもりはありません。
ただ事実として、一昔前であれば、「しょせん浮気でしょ?」「しょせ
ん夫婦間の問題でしょ?」「しょせん遊びでしょ?」「しょせん・
・・でしょ?」で、終わってた話かなと思います。




昔と一口でいってもですね。例えばこれが昔である戦前だったら姦通罪なんてものがありましたよね。おそらく、不倫に対しての社会的なペナルティは現代よりはるかに大きかったのだと思います。いっちゃ悪いですが、ネットでは悪口はいわれますけど別に刑務所にぶちこまれるわけでもなんでもないわけですからね。

厳しさでいえば昔のほうがはるかに上です。


ひと昔前(20年前)も不倫は叩かれていた(石田純一)もっと昔(戦前)なら刑務所にぶち込まれていた。もっともっと昔(江戸時代)なら死刑の可能性まであった。よって私はこれは最近がどうとかの時代の話ではないと思うんですね。ではなぜ乙武さんがここまで炎上したのか?

二つの要因があると思うんです。一つ目は障がい者であるということです。これは本当に健常者の勝手な思い込みのイメージなんですが、障がい者は清く正しい存在であると、そうあるべきだと……あると思うんですよね、こういう正の偏見が。少し考えれば障がい者だろうが健常だろうが嫌な奴は嫌だし、いいやつはいいやつでしょう。

つまり乙武さんほどの好青年が不倫ってショック……みたいな感情もあったのではないでしょうか?その反動による炎上というわけです。これが一つ目。

二つ目も似たような理由なんですけど、乙武さんは教育者です。教員もやった事があるはずです,今wikiで確認しました。私は教師なんて人格者なんていないという偏見をもっていますけどね、やはり一般的にいうとより高い倫理が求められる職業である以上、批判も当然大きくなる。

ましてや選挙に立候補する予定?だったのですからなおさらですね。

平たく言えばいいイメージがある人間が悪いことをすると必要以上に叩かれるというあれです。例えば火野正平さんが不倫してもおそらく週刊文春の記者は取り上げないでしょうし、火野さんが売り込んでも写真の値段はつかないでしょう。炎上もしないと思います。火野さんは愛嬌がある可愛い人で悪いイメージはないですから、例えとしてどうかと思いますがようするにキャラによるということなんでしょう。

私としては、前回書いた通り、私が乙武さんの立場だったと考えると批判をすることはできない。自慰ができない身体でいろいろな女性とあれこれできる機会があったら我慢できる自信がない。とはいえ批判している人の理屈も分かる。というところでしょうか。まぁこういう私のような蝙蝠のような事をいう人間が一番信頼できないんです。気を付けてください。

長くなりましたが、最後に炎上に関していうと芸人のスマイリー菊池さんが、長年炎上に悩まされていました。身に覚えがない根拠のない中傷だったようです。誹謗は時にはありなんでしょうが、中傷はいかなる時でもあってはいけない事です。そしてこの中傷は真実だと思い込んだ正義感の強い人達が許せないという感情の元行われた制裁だったということです。いうまでもなくあってはならない類の炎上です。

私達はユートピアに住んでいません。現世は様々な感情に支配されています。ですからこういった混乱はなくならないでしょうが、一人一人が感情より理性を優先させ事実を見極める能力を高めていけば、スマイリーさんのような事件も減っていくのでしょう。

結論として、私は贅沢をいいません。5人の不倫相手もいりません。一人のお尻の大きい伴侶と右手が動けばいいのです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター