アクセスランキング

富裕層は貧困層より15年長く生きるようだ

http://jp.reuters.com/article/usa-publichealth-study-idJPKCN0X90X0


どうも私です。富裕層は貧困層より15年長く生きるという衝撃のデータを見ました。衝撃といいますが、お金を持っていれば充実した医療サービスを受けられるでしょうし、ご飯もですね農家が丹精込めて虫を手作業でとったような、無農薬野菜なども
食べられるでしょうし、必然の結果でしょうか。

それでは日本の極貧層である私が長生きするのは見果てぬ夢であるのか?考えてみましょう。まずは医療サービスですね。これはもう健康保険の範囲内の治療しか無理です。インプラントで何百万!なんてありえません。となると勝負できるとしたら予防であります。

毎日日光を浴びて、散歩をして、腹八分目で食べて、ストレスフリーの生活を送るといった所でしょうか。そうです達人の試合というのは勝負の前に決まっているのです。病気が治せないのなれば、病気にならなければいい。もうすでに師範代の領域に入っていますね。見事であるといえるでしょう。

富裕層なんてね仕事に追われているんですよ。したくもないパーティーをしてネクタイを締めて窮屈そうに飯を食うわけです。こっちはもう体裁なんていないですから、パンツ一丁で玄米と味噌汁を食べるわけですよ。ストレスフリーの勝負なら負けるわけにはいきません。次の話題に移行しましょう。

無農薬野菜は、実は健康に悪い!などと煽ってくる記事がいっぱいあって、本当の所身体にいいか悪いかは時の審判を待つ必要があるのでしょう。しかしながらいわゆるジャンクフード三昧の食生活を送るよりはだいぶましのように思えますね。野菜を摂ればいいんですよ。私は野菜を摂らないと、身体の調子が悪くなっていくんですね。姉の家の猫も、猫草なるものを食べています。

姉がホームセンターで買ってくると、5匹の猫がよってたかって植物を食い荒らします。あれはおそらく本能が草を求めているのでしょう。おそらく彼らは20年以上生きようと皆で争っていると推察します。かように肉食動物の猫ども草が必要なのですから、人間にも野菜が必要であるということであります。

そういうわけで、普段の散歩で5年、野菜を意識的に撮る事で5年ストレスフリーの生活を送る事により10年長生きしますので、
極貧人の私でも富裕層に勝つ計算になりますね。

問題はそれだけ生きて何をするかですが、楽しめばいいんじゃないでしょうか。ゴロゴロしているだけで幸せですよ。というわけで
今から、ファミコンをすることにします。クリアしたことがないオバケのQ太郎を今日こそクリアするのです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター