アクセスランキング

貧乏な家庭は子供を作っては駄目か

http://blog.goo.ne.jp/oshiete_watcher/e/eff
7a4e2d67d0d40caa33318925123a1

日本に住む、とある一組の夫婦がいました。
夫は30代後半で年収300万、妻は30歳の派遣社員で
年収200万の年収500万円世帯です。年齢的にも
「そろそろ子供が欲しいね」と夫婦で話し合っていることを、
知人の女性に話したところ、

「そんな年収で子どもを作るなんて非常識、
子どもがかわいそう」

と言われ、ショックを受けたというfumitamaさん。
彼女自身、貧しい家庭で育ち、兄弟3人川の字で寝たり
テレビは1台でチャンネル権は父親、
末っ子だから着る物も全部お古だけど

「この世に生んでくれた両親に感謝している」
といいます。しかし知人は

「今は時代が違う。…貧乏な家庭に生まれた子どもには
いい迷惑だけど、別にあなたたちが悪いわけじゃなく、
こんな世の中が悪い」





gooなどの質問欄に書くことの全てが本当の事だとは
思えません。この記事の知人とやらは、実際には
いないでしょう。

建前の社会ですから、本音でそう思っていても
ずばずば指摘する人は少ないからです。
実際にこの知人がいたかどうかというより

こういう記事に反響があるという事実のほうが
重要でしょうね。少なからず賛同する方が
おられるようです。

貧乏な家庭が子供を持つのが、適当かどうかは
ひとまず置いておきましょう。
第一の問題は年収500万の世帯で
貧乏だと思っていることです。

貧乏じゃないですね、こんな収入で貧乏だと思われては
迷惑です。年収50万円である、私の基準がおかしいだけ
だろと、思われる人もいるかもしれませんが

サラリーマンの平均収入を見るとこの数年は
400万円を少し超える程度です。
共働きとはいえ、500万円でやっていけないはずは
ないのです。

やっていけないと思い込んでいるだけなのです。



寄せられた回答は34件。子供がいる親や、
子供がいない夫婦、独身者などから、
様々な意見が寄せられました。

「二児の母です。その女性が言うのは間違ってません。
ホントに昔と今では違うのです」

というのは中学生の娘を持つmama4615さん(36歳)。
今はほとんどの子が習い事をしており、小学生で
携帯電話を持たすのも当たり前。

ニンテンドーDSで遊ぶことも多く、
与えなくては話題についていけないといいます。
そして中学生になると塾の三者面談で受験校を決めるなど、

昔と今では子供にかけるお金も、親の教育観念も
変化してきているといいます。
経済面での不安をあげる方もいました。

「夫が年収300万なら子供は無理です。
どうしてもと思うならあと何年か死ぬ気で働いて、
ある程度貯金してから子作りするしかない」
(mogumogumoさん)


「一番気がかりなのが旦那様の年齢と奥様の復職です。今から
お子様を持つとなりますと、おそらく一番お金のかかる時期に
定年を迎えると思います。その他にも、ご夫婦の老後の
貯金も必要でしょう」(bari_sakuさん)




子供に携帯を持たせるのが常識というのは
置いておいて、安いプランなんていくらでもあります。
DSにしたって中古で数千円で売っています。

こういう親はただ自分が見栄っ張りなだけなんですね。
自分が傷つくのを、子供が傷つくのだと勘違い
しているだけです。

そして、他人の持っているものが自分より
安いと優越感に浸っているのです。
救いようがありません。

闇金牛島君に、OLが家賃10万超えのマンションに住み
高級ランチを楽しみ、ブランド物の服を着て
借金まみれになってしまった女性の話があります。

彼女の中では、贅沢ではなく、女社会で
生き抜くための当たり前の装備だという認識です。

極端に汚い服ならともかく、子供は安物か
高い物かで人を判断したりしません。

冒頭にこんな世の中が悪いという女性の台詞が
ありましたがこんな世の中が悪いのではなく、
見栄っ張りのこの女性の考えが悪いのです。

人間身の程を知って生きていけば、楽しい
生活は送れますよ。家庭を持っていない人間の
戯言と捉えてもらって結構ですけどね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター