アクセスランキング

都知事選に50億かかろうが無駄ではない

どうも私です。

舛添都知事が辞職する事になり、後任を選ぶための都知事選挙が行われます。舛添都知事が辞職するのに反対する方達は選挙費用が無駄だと考えている人が多いようです。50億ものお金がかかるみたいですね。それではこのお金は無駄なのか?

衆議院選挙の解散などが行われるたびに何百億かかるので無駄であるという論調は一定数でます。しかしながらこれは必要経費です。民主主義のコストであるといっていい。選挙というシステムがなければ、権力というのは歴史が証明されている通り、一部の人間が掌握して離さなくなります。その権力を奪還する手段は武力以外にありません。

民主主義ならば権力の交代が武力なしで実現できます。これは計り知れないメリットであり、金額に換算できるものでもない。都知事を辞めさせれば50億かかるから無駄というのは一見合理的な考えに思えますが、まったくの不合理です。その考えは結局の所リコールや、議会の不信任案の制度を否定しているということです。権力の監視というシステムを捨てるという事です。

議員なんて誰がなっても一緒じゃん、選挙なんてお金かかるからやめよう?行き着く先はこういうことになりかねません。権力というのは監視されていないと腐敗します。食べ物は適切な防腐処理をしないと朽ちていくように、権力も腐っていきます。誰がなっても一緒ではないし、監視するシステムがなければ機能しなくなります。

現代においても、世界の半分近くの国はまともな政権批判ができない状態です。日本は息苦しい国という人もいます.しかしながらネットを少し巡回すると安倍首相だろうが、岡田党首だろうが、舛添都知事だろうが、容赦ない批判で溢れています。そしていくら批判しても逮捕なんてされません。なかには誹謗中傷に近いのではないか?という書き込みが多数ありますが、罪に問われる事は稀です。殺害予告などは当然逮捕されますけどね。

誹謗中傷の是非はともかくとして……というより誹謗はともかく中傷は絶対にダメですね。話を続けると言論の自由があるというのは素晴らしい事です。権力者を世論が弾劾できる社会というのは健全である証拠だといえます。そういう仕組みを維持していくのにかかる費用は例え50億だろうが数百億だろうが、数千億だろうが、無駄ではないといえます。むしろ必要な経費です。

関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター