親がお金をくれないので自宅を放火した36歳男

-
チャーチル
 



逮捕容疑は22日午後6時45分ごろ、自宅でライターを使って電話帳に火を付け、壁などに燃え移らせて父親(62)が所有する木造2階建て住宅を半焼させた疑い。けが人はなかった。

 同署によると、男は両親と3人暮らし。先月ごろ実家に戻り、両親にたびたび金を無心し、応じないと物を投げて暴れるなどの行為を繰り返していたという。「親からお金がもらえず、おなかがすいて、むしゃくしゃして火を付けた」と容疑を認めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00010001-chibatopi-l12



ごはんをむしゃむしゃ食べると、むしゃくしゃして火をつけたをかけたのでしょうか。非常に高度です。それにしても36歳で親に金をたかり、受け入られないと癇癪をおこし放火する。自分で自分の事を許せなくならないのでしょうか?彼の中ではこの幼稚な行為を正当化できる何かがあるのだろうかと考えてしまいます。正当化を通り越して自分を憐れんでいるかもしれません。本当に哀れなのは両親ですけどね。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル