アクセスランキング

家賃1万円の物件に引っ越しました

どうも私です。いつものように街の中を散歩していた所、怪しげな不動産屋がありました。店の前の看板には家賃1万円の物件情報が書いていました。その怪しさにお金の匂いを感じ取った私は、蜘蛛の巣に引き寄せられる蛾のように店内に入りました。中には北斗の拳に出てきそうな怪しげな男が……いたら面白かったのですが、短髪だけど髪をツンツンさせておしゃれだぜみたいなお兄さんがいました。

私はさっそく家賃1万円物件について詳細を訪ねてみます。お兄さんはもったいぶることなく、自殺者が出たので安くしていますといっておりました。私は早速現地に案内してくださいというと車に乗せてくれました。フットワークが軽い人は気分がいいですね。いざ到着してみますと、悪くありません。間取り、近所の環境、姉宅への距離、そうなのです私は駅からいくら遠くてもいいのですが、姉宅へいくのに遠いと困るのです。

私は即断即決をうりにしているので、契約してしまいました。すでに引っ越しを終えています。自殺者の幽霊に会うことができれば、面白いのですが、まぁ無理でしょうね。線香を持っていたので、亡くなった故人のために焚きました。現世の苦痛から逃れるために自死を決断した彼の思考がどんなものだったのか、独特の匂いが充満する空間で少し考えました。

思うに祟りなどというものがあったとして、自殺した全ての人間が祟ろうとは思わないはず。それにもし祟ろうと思っても、一面識もない私に祟るのではなく、憎い相手の所へいくだろう。合理的に考えると全く問題ないことが分かりました。

私はミニマリストというわけではないのですが、持っている本を厳選して、電子書籍の割合を増やした結果、驚くほど荷物が少なく引っ越後の荷物の片づけなどもすでに終えています。

長らく月3万円(台)の生活は困難だった私ですが、新たな拠点を得て羽ばたきます。雌伏の時は終わった。極貧人がまた輝くために頑張っていきます。

関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター