アクセスランキング

NHK報道があぶりだした貧困の実態。女子高生は貧困なのか?

どうも私です。NHKが貧困女子高生特集をしていたのですが、その後彼女は私生活で散財を繰り返している事をツイッターで
書いていた事が発覚して波紋を広げています。

アニメの映画を何度も視聴したり、グッズを買いあさったり1000円以上のランチを何回も食べるなど高校生としてはそれなりのお金を持っている事を伺わせますが、放送ではパソコンも買えない貧困家庭であり、進学ができないことを嘆いていました。

現在子供の6人に1人が貧困であるとされています。衣食住が整わない事を絶対的貧困であるとされています。その定義なら日本では貧困者は激減するでしょう。つまり彼女は相対的貧困であるということです。

この相対的貧困とやらの実態が今回の報道であぶりだされたのではないかと思っています。彼女は衣食住が整っており、趣味にお金を散財できる程度のお金を持っており、1000円以上のランチを食べる余裕があるのです。

それ自体はまったくかまわないでしょう。自分のお金を何に使おうが全くの自由ですから。ですがこれほどの生活を送ることができるのですから本当に貧困なのでしょうか?困っているのでしょうか?

それこそ億万長者の家にでも産まれない限り、どんな家庭においても欲しいけれどお金がないから手に入れることができないという経験は大なり小なりあります。しかしながらそれをもって困っているとはいいません。

私も年収100万を超えて喜んでいる程度の人間でであり、極貧人を自称していますが困ってはいません。ゆえに貧困であるとはまったく思っていません。

御大層に日本の子供の6人に1人が貧困だ。由々しき問題だと講釈をたれている人間はいますが、実態はこの程度だということです。

飯も食えるし、服も買えるし、風呂にも入れるし、趣味にお金を使うことだってできるし、たまには1000円以上のランチを楽しむ
事もできる。そのくらいの生活を無理に解釈してこれが足りないあれが足りないだから貧困だ可愛そうだといっているのです。
これが相対的貧困の実態です。

私としてはこういう家庭に貧困という言葉を使う人間の面の厚さにびっくりしますね。もっと違う言葉を使ったほうがいいのではないか?と大きなお世話ながらに提言しますよ。

NHKのような大組織ならばネットの炎上など蚊に刺された程度のものです。しかしながら一個人にとって炎上という事実は今後の人生を左右するほどの重大なトラウマになりかねません。

この話題はネットではかなり盛り上がっていますが、NHKは早く謝罪したほうがいいでしょう。過剰演出だったと訂正しなければ
その責任が未成年の彼女に及ぶことになります。結局安易な取材をしてそれを垂れ流してしまったがゆえに大騒動になっているのですから。

未成年がですね、散財しながら私の家貧乏だぁなんていうのは罪ではないんですよ。むしろそれを大げさに取り上げて社会問題だと報道するほうに問題があります。そんな報道をやめてですね

半強制的な受信料のおかげで社員の平均年収が大台を超えているNHKの存在自体が格差社会を作り出している事実をちゃんと分析して報道すればいいのです。格差というのは報酬の差額が生み出す現象ですからね。一応言っておくと私がいいたいことは善悪ではありません。

結論として貧困女子高生はいなかった。それでいいんじゃないでしょうか。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター