アクセスランキング

生命保険は1万円入金すると3000円引かれるATMなのか

http://toyokeizai.net/articles/-/133885

どうもたけのこの里を食べた日は罪悪感で食費記事を書かなくなる私です。生命保険は1万円入金すると3000円引かれるATMだというコラムを見ました。保険会社は経費や利益などを差っ引いて加入者に70%程度の還元をします。それがATMに例えられているわけです。

即ち投資として考えるととてもじゃないが割に合わないということになりますね。ただ保険というのは金儲けではなくいざというときに生活が破綻しないための安心料です。

車の任意保険は分かりやすいですね。もし人身事故を起こせば数千万~数億の賠償金を払う事になります。これは払えません。払える人はブルジョアで毎晩ステーキを食べてるのでしょう。贅沢の例えがステーキであるところが極貧人の面目躍如です。

生命保険も分かりやすいです。一家の大黒柱が亡くなった場合残された家族が暮らしていくためです。これは期待値で考えるべきではなく人生が破綻しないための措置といえます。

それでは医療保険はどうでしょうか?まず大前提として保険というのは「損」します。期待値は大きくマイナスになります。即ち「有事の際、払える金額で収まるならば払わないほうがよい」

医療保険の掛け金は70%還元ですが自分の口座に積み立てておけば100%返ってるからです。日本は現在高額医療制度や国民健康保険制度が機能していますので、払えない額の医療費を請求されるケースは少ない。

それでも入院するかもしれないから積み立てておこうという発想、性質としては博打になります。あの馬券を買っておけば2倍になった程度のものです。馬券は還元率が75%程度だそうですが、それ以下です。

全てのリスクに備えようとするならば保険会社はいくらでもプランを用意してくれるでしょう。保険料はどんどん膨らみ月20万なり30万になるかもしれません。結果として保険料そのものが生活のリスクになるというブラックジョークですね。それだけの額を平気で払えるブルジョアはそもそも保険なしでもリスクに対処できる。

ただ安心したいから保険に入ろうでは思考停止といえます。保険会社の取り分30%というのを軽々しく考えてはならない。掛け金を払うのを辞めたのならば手元に残る現金そのものが様々なリスクを減らすのに役立ってくれるのですから。賭け金そのものがリスクであるという認識をもったほうがいい。

リスクというものに徹底的に向き合い、自分で考えて取捨選択していく。保険の営業の話なんて聞く必要はありません。彼ら彼女らはこちらの生活より自分の生活のために売りこんでいるだけですから。

それでは自転車保険の積立金を捻出するためにWEBライターの仕事をしてきます。



関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター