生徒にいわれた恥ずかしかった事

-
チャーチル
 
朝 食パン 目玉焼き コーヒー
昼 冷や麦
夜 宅配ピザ コーラ(家庭教師先)

食費 67円

全部使っちゃおうよといわれました。昨日は親御さんがいなかったので、晩御飯は適当に買って食べなさいと現金5000円を渡されたとのことです。私ならば半月以上食い繋げる額の現金を一食で費やしてもいいということです。その豪気さに失神しそうになりました。

私は一応年長者らしくお釣りを返しなさいとでも言おうとしましたが、よく考えると姉のお使いのついでにたけのこの里をぱくってる私がいう事ではありません。どうしたものかと考えているとピザの広告を持ってきました。

知っていたのですがやはりピザは高い……恐ろしいほどの値段です。私に何が食べたい?と聞いた後彼女は慣れた手つきでピザを注文しました。私は流されるままにピザを食べました。

よく頼むのかと聞いてみると、親が出かける時はだいたいこんな感じとのことです。一体食費は何円になるのだろうと考えるだけで身体が震えてきました。

ピザが届き豪遊の始まりです。ピザやチキンやコーラなどがテーブルへあふれんばかりに並べられます。

こんなことをいっておいてなんですが、4000円分くらい私が食べました。私の名誉のためにいっておくと彼女がもう食べられないと残した結果食べたのであってそこらへんは誤解されたくない所存であります。

先生ね美味しそうに食べるでしょそれ見るの好きなんだといわれました。かなり恥ずかしかったです。おそらくがっついていたのでしょう。極貧人の食への執着を隠しきれなかったということでしょうか。今度からは威厳をもって食べる事にします。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル