アクセスランキング

中日新聞連載の新貧乏物語事実と異なる記事や写真

http://www.sankei.com/affairs/news/161012/afr1610120002-n1.html
中日新聞が連載でおわび 事実と異なる記事や写真

パンの移動販売で生計を立てる母親と少年の写真を掲載しましたが、撮影場所は実際の販売現場ではなく、記者が別の場所での撮影をカメラマンに支持していた。教材や部活の合宿台も払えないなどの記述が事実ではなかった。そういうことらしいです。

そうですね、話を盛る事自体誰だってあるんですよ。私もねしがない家庭教師ですけど教育関係者と名乗ってますから。そこらへんは見栄でもありプライドでもあるという揺れ動く中年男心といったところでしょうか。まぁ大抵の場合即効でばれますからすかさず笑い話に持ち込むスキルもつけています。ぬかりないといっていいでしょう。


感動ポルノという言葉を最近知りまして、障がい者を健常者の感動のために切り貼りした姿で紹介する……まぁ一言でいえば24時間テレビですね。テレビに映っている障がい者は可愛そうだけど努力してひたむきに頑張ってるという健常者が好むキャラを演じなければならんわけです。

この記事を書いた記者も読者が好みそうな貧乏人を演出したのでしょう。それ自体の気持ちは分かりますけどね、読者の需要に答えるというのは新聞にしろ雑誌にしろ必須事項であるといえましょう。話はずれますけど移動販売結構儲かりそうなイメージありますけど。最近稼ぎがいいから焼肉でもいこう!なんてエピソードとかもありそうですけど、記者からしたらそんな話はいらん!ってことになるのでしょう。

発言小町や2chまとめサイトなんて8割方創作だろうなというお話が雨後の竹の子のごとく氾濫していますが、読み手もそれを承知で暇つぶしできればいいやと割り切って楽しんでるのですからwinwinですね。

しかしながら新聞というのは社会的に重みがあるとされ軽減税率の対象になっていますから、このほうが面白いと思ったじゃ済まされないということでしょう。

お堅いイメージがあるからいろいろ優遇されているのに、それを自ら捨てていくのはもったいないですよ。まぁ私の偏見では新聞記者なんて山師のようなごろつき集団というイメージなんですけどね。世間的には信頼と信用を積み重ねた歴史ある情報紙ですからそんなふうに振る舞っておけばいいんですよ。

俺達エリート!社会の腐敗を正す正義の集団!今日もペンで巨悪を討って弱者を助けるぜのようなノリで頑張っていけばいいと思います。私なんかするとたいした記事もかけないのに給料だけようけもらっとりますなという感じなのですけど、それは私の意志がどうであれ周りには嫉妬としてしか受け取られないので主張は控えめにしておきます。といいながらも全部書きましたけどね。いってる事は変わりないのに自重しておきます的な事をいっておくと反発が薄くなるのでとりあえずいってみたほうがよいでしょう。

結論としては取材対象と念入りに打ち合わせてばれないようにやってくださいということです。貧困女子高生騒動のような事があれば取材された側に被害がでますからね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>