アクセスランキング

三浦9段ソフト不正疑惑は冤罪か

三浦9段の将棋ソフト不正疑惑が棋界を震撼させて一週間以上たちます。報道の流れを追ってみると確固たる証拠はなく、状況証拠のみでの処分であったことが明らかになっています。ソフト不正疑惑の直接的な証拠は私が考えるに4点しかありません。

1 現場を取り押さえる
2 対局中の通信記録
3 本人の自白
4 共犯者の自白や目撃者の証言

現段階においてこの4つのいずれも満たしておらず三浦9段は以下のように反論しています。





まず、平成28年10月10日、連盟理事からソフト使用疑惑があるという理由により、
翌日に理事などが集まるので将棋会館に来るよう伝えられました。私は、「渡辺さん
(明・竜王)はこれから戦う相手なので呼ばないでください」と伝えました。数日
後に竜王戦が控えていたため、私が疑われ、身の潔白を証明する場に渡辺さんが同
席していると、対局に差し障りがあると考えたからです。しかし、私の要望に反し
て翌日の会議の場に渡辺さんは出席していました。

次に、平成28年8月頃、三枚堂さん(達也・四段)と将棋の研究を行っていた際に、
三枚堂さんがスマートフォンを用いて自宅のパソコンを操作しているのを目にしました。
私は、そんなことができるのかと驚き「どうやっているの」と聞きました。彼は、
私がパソコンに疎いことを知っていたため、詳しい説明はしませんでした。もち
ろん、私のスマートフォンに遠隔操作アプリをインストールしたことはありません。

また、対局中に控え室などでスマートフォンの操作をしたことなどはありません。
ちなみに、私はスマートフォンの提出を拒否した訳ではありません。そもそも、
連盟はスマートフォンのみならずパソコンの提出すら望んでいませんでした
。スマートフォンは、私が日常使用しますし、私の保有するパソコンを調べ
てもらえば、遠隔操作ソフトなどが導入されていないことは分かってもらえ
ると思っていました。

もっとも、現段階に至っては、自らの潔白を証明するため、私のスマートフォン
と4台のパソコンを信頼のおける調査会社等に提出し、過去にインストール
及びアンインストールされたソフトの内容や、電源のオンオフの日時などの
解析を行ってもらおうと考えています。調査会社等の選定については、連盟
が協議に応じてくれるのであれば、連盟と共に選定したいと思います。
また、私は上記スマートフォンとパソコンしか持っていませんが、家
族などのスマートフォンやパソコンなども調査対象に加えて欲しいと
連盟が望むのであれば、進んでそれらも調査対象に加えたいと思いま
す。後から別のパソコンなどが怪しいと言われても困るからです。
そのうえで、解析結果を私や連盟が入手する前に、調査会社等から直
接世間に発表してもらおうと考えています。

本来これらの作業は、疑いをかけた連盟が実施すべきだと思います。
なぜ、私が自らこのようなことを行わざるを得ないのかと思うと悲
しくなります。私は単に今までどおり将棋を指したいだけなのです。
一日でも早く連盟が不当な処分を撤回してくれるよう願ってやみません



将棋連盟が現場を取り押さえていないことは明白で、本人や共犯者の自白や第三者の証言もありません。また通信記録も自主的に三浦9段がしかるべき結果を世間に公表するといっています。以上の事から証拠は今後出ないといっていいでしょう。ならば状況証拠を積み上げて黒を立証するというやり方もあります。三浦9段が疑われた根拠は以下の通りです。


1 プロの長年の勘で人間では指せない手を指した
2 離席が明らかに多い
3 棋譜を解析するとソフトとの一致率が高い
4 不自然な行動をとった


1についてはトッププロの一人であり名人経験者、疑惑の最中に3回対局した丸山9段が強い口調で否定しています。これを論拠にするにはプロ棋士の100人が100人おかしいというくらいの指し手でなくて
はならないので、丸山9段がその論に与していないということは証拠能力として不完全であるということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000112-sph-soci
丸山9段「連盟対応は疑惑だらけ」



2については私はニコニコ動画で将棋のタイトル戦を見ますが棋士の離席はしょっちゅうです。また持ち時間においては外食をしてもいいとされる独特のルールを持つ棋士の世界では離席が明らかに多いといわれても、そもそもそういう風土だっただろう?という感想以外持ちえません。

3については競技プログラムのスペシャリストが統計学的に見て有罪であるとはとてもいえないという見解をツイッターで述べています。すなわち状況証拠としては使えないという事です。



三浦さんの一致率に関して、数の見た目だけで適当言うと
・たぶん勝ちだけを抜き出せばp<0.05くらいの有意差は出そう でも調子の良し悪しで説明できちゃう程度
・もしかすると羽生さんの今年度の8月以前と9月以降で比較したほうが有意差出るかも
って感じの印象。
https://twitter.com/chokudai?lang=ja



4については三浦9段は失礼ながら元々挙動不審な所があり、それを根拠に人を処分していたら世の中の刑務所は冤罪の人間で溢れるのではないでしょうか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00002279-cakes-soci
三浦9段ソフト不正使用疑惑観戦記者は何を目にしたのか

渦中の対局である竜王戦挑戦者決定戦において観戦記者を務めた方は三浦9段に不自然なところはなかったと証言しています。





以上の事から、直接的な証拠もなく、状況証拠もこれといって見るべきところはありません。もしこれらの事を状況証拠的に黒であるというならば三浦9段以外にも処分される棋士が続出するでしょう。


三浦9段は1日10時間以上を研究に費やすこともあると聞きました。彼にとって将棋は人生をかけて取り組んできたといっても
まったくいいすぎではありません。にもかかわらず、偏った状況証拠だけで処分をされ全国ニュースで黒確定のように報道されたあげく現在対局ができない状態に追い込まれています。


棋士にソフト指し疑惑をかけるということは死刑宣告に等しい。にもかかわらず短い期間で一方的に処分を下した将棋連盟の対応には疑問符を持たざるを得ません。一人の人生を台無しにするような事をたいした証拠もなく一方的にやってしまった。これはもう取り返しがつかないような気がします。全国報道で容疑者のように扱われたニュースを見て、私は唖然としました。ここまで報道されるのならばやっているのだろう、直接的な証拠があるのだろうと感じました。しかし報道を追っていくとそうでない事が分かりこれはいくらなんでも酷すぎるといっていい。

また週刊文春において三浦9段を弾劾する記事が掲載されましたが、週刊誌というのは面白おかしく顛末を書いて雑誌を売ればいいというスタンスだと思いますので、偏った記事であると感じました。一方三浦9段のNHK番組での反論、正式な文書として公開した反論文を見ると理路整然としており、どちらが公明正大な態度であるか?考えるに三浦9段側が誠意があると感じます。


そもそも週刊誌にリークして自分達の言い分を補強するというやり方は禁じ手に近い。記事の内容を見ると将棋連盟の誰かがリークしたという感想を持たざるを得ません。会社の不正を内部告発しようとしたがテレビや新聞などに相手にされず、週刊誌に持ち込んだというならば理解できますが、将棋連盟は当然のことながら自前のサイトを持っており今回の件の顛末を正々堂々公開すればいい。それをせず週刊誌に自らの主張を代弁させるなどあまりに汚いやり方です。そのうえ内容が一人の棋士の人生を追いやる内容なのですから本当に唖然とします。後から自分はいっていない週刊誌が勝手に書いたんだということができるので、三浦9段が自ら責任もって署名した反論文と比べてどちらに誠意があるのか?論じるまでもなく後者に真心があります。

ここまで書きましたが実際の所三浦9段がソフト指しをしたのかどうかは「客観的」には分かりません。羽生3冠は灰色であるから疑わしきは罰せずと奥様のツイッターで意見を表明していました。これは正論でありますから一刻も早く三浦9段の処分を解いて、名誉回復に尽力してほしいと強く願います。もしそれがどうしても嫌だというならば、直接的な証拠を提示する以外にありません。できないのでしたらメンツなどは考えずに取るべき行動をとってもらいたいものです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター