アクセスランキング

DV夫の苦悩と極貧人

前回までのあらすじ

家庭教師先で夫婦喧嘩に巻き込まれた極貧人は何故か旦那の愚痴を聞くことになりました。



座ってくださいといわれた私は座りました。心の中でははぁーだるいもう帰りたい家の中でごろごろしたいと駄々っ子のようになっていましたが、私もいい年をした大人なのでそこは神妙な顔つきで頷き座りました。

皿に割られたであろう怪我はたいしたことはなさそうで自然治癒で問題なさそうでした。救急車を呼ぶ事態になったらさらに面倒臭くなりそうでしたので、私は自分の都合でほっとしました。

彼は話し出します。暴力の経緯や動機を淡々と話します。正直いって知ったこと事ではないのですが、そこは雇い主でしたのでいかにも興味があるように訊きます。

旦那さんと会うのは今回が初めてでした。初対面の人間にこんなことを話すなんてこの人は馬鹿なんじゃないだろうかと思いながらも我慢して聞きました。

彼は激高したときに家庭教師ごときという言葉を使っていたので彼も私の事を見下しているのでしょう。人は自分より確実に劣っていると確信した人間には案外素直になれるものです。自らの恥部である暴力行為を語ったのも取るに足らない人間だと判断したからではないでしょうか。

彼の告白を要約すると転職を繰り返し仕事でうまくいっておらず、最近は妻の収入が自分より多くなった。奥さんに落ち度はないにもかかわらず些細なことで激高してしまいつい暴力を振るってしまう。実際は長々長々1時間超話していましたがようはそういうことです。

最初駆けつけたときは旦那さんだけが怪我していたので、奥さんのヒステリーかと思いましたが、暴力に反撃された結果だということが分かりました。

私は夫婦仲がどうなるとどうでもいいのですが、親がこんな喧嘩を繰り返す環境では勉強に身が入らないでしょう。さりとて夫婦仲を取り持つなど私にできるはずもなく、困ったものだと嘆く以外にありませんでした。

暴力ですが彼は奥さんを見るとコンプレックスが刺激されてしまうんでしょう。相手は何もいっていないにも関わらず、妻のほうが稼いでいるというただ一点のみで自分は見下されていると思ってしまうのではないでしょうか。

私ならば稼ぐ奥さんならば大歓迎ですけどね。人間くだらないプライドを持つと大変だということです。私は話が一区切りついたときを狙って、それでは失礼しますと退去しました。家庭教師は途中でしたがもはや勉強できる雰囲気ではありませんでしたので、今日はこれで失礼しますと奥さんに伝え退出しました。

私には二つの思いがありました。まったくもって人間として最低な話ですがこれで生徒が志望校に合格できなくても私の責任ではないとという薄汚れた打算と保身。

もう一つは両親の諍いに負けず志望校に合格してほしいと願う気持ちです。私は情にあふれた人間ではまったくないのですが、それでも自分が関わった子供達は少しでも良い道を歩いてほしいと思っています。

いろいろ考えましたがなるようにしかならないか旦那がいうように所詮私はしがない家庭教師だ。自分がこの問題をなんとかできるとかそういう勘違いはやめたほうがよい。この時はそう考えていたのですが……不運にも夫婦の諍いにどっぷり巻き込まれてしまいました

続く
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター