アクセスランキング

老後破産についての考察




「お金がなくて病院に行けない……」ひとり暮らしの高齢者を取材していると、こうした言葉をよく耳にする。食費や光熱費を切り詰めても余裕がなく、医療や介護といった「命に関わる費用」を節約しなければならない高齢者が今、増えているのだ。昨年9月に放送したNHKスペシャル『老人漂流社会~“老後破産”の現実~』では、こうした高齢者の実態をルポし、大きな反響を得た。厚生年金が月10万円で暮らしていた男性は、家賃6万円をひくと手元に残るのは4万円。公営住宅に引っ越す費用もなく、食べていくだけでやっとの暮らしを続けていた。男性は20年間勤めていた会社を辞め、飲食店を開いた。しかし、赤字続きで閉店。借金を返したら、手元にお金が残らなかった。仕事に邁進するあまり、結婚もしなかった男性には「頼れる家族」はなく、「頼るカネ」もなくなった。男性は口癖のようにこうつぶやく。「こんな老後になるとは思わなかった……」
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/07271616/?all=1



どうも極貧人です。月10万円の収入というのは一般的にいえば低収入でありますから、それをもって嘆くのはいいとしましょう。しかしながら何か違和感があります。そうです家賃6万円です。これはいかにも高い。都心ですとこのくらいの家賃はざらですが、地方都市では家賃2万円以下のアパートはそれはもうたくさんあります。

自転車で病院に通える範囲という条件をつけてもあります。単純計算でいうならば4万円の家賃が浮くようになりこれはもう左うちわといってもいいでしょう、注釈をつけるとあくまで極貧人の世界での話であります。


単身高齢者の年金収入を分析すると、およそ200万人が「生活保護水準」を下回る額だということが分かった。貯蓄があるうちは、それを少しずつ使いながら生活費の赤字分を補えるが、なくなれば破産状態に陥る。結果、必要な医療さえ受けられず、追いつめられていく人が少なくない。本来であれば、生活保護で不足分を補填しながら暮らしていけるはずだが「墓に入るための貯金」など、手元にわずかでも貯蓄を残そうとすれば、生活保護は原則として受けられなくなる。そのため、自分の年金収入だけで暮らしていかなくてはならず、「老後破産」に陥ってしまうのだ。



これは本当におかしな制度でですね、貯金をしてこなかった層を優遇して少ない収入でやりくりして貯金をしてきた層を冷遇するというなんとも理不尽な制度になっています。アリとキリギリスの話が嘘だと子供は大人になって気付くのです。対策としては支給金額を減らして支給対象を増やしたほうがいいのではないでしょうか。貯金があるのですか?それなら使い切ってからきてください。まったくもって冗談のような話です。


「年金は毎月16万円もらっていますが、出費は16万円を超えるのです。それでも贅沢しているわけではありません。医療や介護を節約すれば、私の場合、死しかありません」(70代男性)


平均寿命を生きればそれでよしとして死ねばいいんじゃないでしょうか?とにかく生きろ生きろ生きろということで昔ならばそのまま死ねるような状況になっても死ねない人間が増えています。

こういってはなんですが若い人が難病にかかりそれでもいきたいと願う姿は美しいものですが、年寄がお金がない殺す気か!と喚き散らす姿は非常に醜い。その年齢まで生きたことを肯として黙って死んでいけばいいと思うのです。人間は誰でもいつか死にますし、老後の準備をしてこなかったのですから他人の責任にしてもしょうがない。

私は思うのですが悲観的に捉えすぎなんですよ。なんだかんだいってホームレスになって寒い冬野ざらしになって飢え死にする人間はほとんどいないのです。贅沢をしているわけではありませんがといいますが、とてつもない極貧生活をしているというわけでもないでしょう。

皆が皆高級老人ホームに入り至れり尽くせりで生活できるわけがない。老後の生活が不安だという人間は外部から入ってくる情報に影響されすぎなのではないか?そう思う次第です。生物が70年も生きればそれだけでも大成功だといえるのですから。俺は勝ち組だぜと安心して死んでいけばいいのです。

少しばかり挑戦的になりましたが私の今回の主張がただの現実を知らない人間の戯言なのかどうなのか?私が老後になれば分かる事でしょう。日本における貧困問題というのは本当に切実なものなのか?考える必要があります。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>