アクセスランキング

若者の恋愛離れはAKBの握手会のせいなのか



特集「恋人いらないってホント?」(2016年11月24日放送)ではまず、彼女、彼氏を作らない若者が増えている、とし、国立社会保障・人口問題研究所のデータを公開した。15年調査では18歳から34歳の男女で、交際相手がいない未婚者の割合は男性が69.8%、女性は59.1%で10年前に比べそれぞれ20%ほど増えている。どうして恋愛をしないかについては、面倒くさい、コストがかかる、リスクがある、といった意見が出た。スタジオでは、学校教育でも恋愛は危ないというネガティブな情報を出していたり、恋愛結婚した両親を見てもラブラブな感じがしないため、憧れが無くなったなどと説明した。

そして、自分は男性にはモテない「喪女」(もじょ)だという大学3年生の女性が登場し、失恋した後に出会ったのが「喪女」がイケメンと恋愛するマンガで、ハマってしまった、と告白したときに、

「つかの間の逃避を重ねているうちに、現実に戻るのがおっくうになった」

というナレーションが流れた。

その直後スタジオに出てきたのが「恋愛は面倒くさいとブレーキをかける要因」を示したパネル。恋愛を推し進める要因と、ブレーキをかける要因が年代別に書かれ、ブレーキをかけるものとして「ストーカー DV」「セクハラ」「メイドカフェ 漫画」、そして「AKB48握手会」とあったのだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/12343609/



どうも私です。若者の恋愛離れの一因としてAKBの存在があるとNHKが報じたらしいです。喉の奥にカッターナイフが詰まったかのような違和感を感じます、ぇぇそれはもう営利なもので鼻まで貫通するくらいです。

まずAKBなりジャニーズなりはものすごい人気ですがそれでもコアなファン層は一部の人間です。それをもって全体を語るのは愚者は見たものだけを信じ触れ回るといったことになりかねません。

そして一部の人間にこの説があてはまるかというとこれまた違うのです。どちらかというとAKBの握手会に行くような層は恋愛に対してものすごい憧れがあると思うんですよ。交尾できればといいと割り切っている層はプロの女性にお金を出しますからね。AKBファンは自ら望むような恋愛ができなかったがゆえに、疑似恋愛システムにはまっていくということです。

それは恋愛離れではなくむしろ逆。自らが手に入れることができなかった青春を追いかけているように見えます。むしろ面倒くさくてもリスクがあってもお金がかかっても獲得したいのです。

AKBというのは曲じゃなくて青春を売っているんですね。疑似恋愛でも何もないよりはいいと割り切れるファンは楽しみ方を知っていますが、中には本気になってストーカーのようになるファンもいるでしょう。リスクがある商売です。

ネットを見ればタレントの容姿を酷評する意見が多々見られます。私から見たら全員美男美女なのですが、評論家というものは目が肥えるようなので本気で貶しているのだろうと納得しました。そしてそういう事を繰り返していけば自分の周りにいるごく普通の異性に目が向かなくなるのも無理からぬことだと思います。

恋愛というのは誰もが経験できることではないという前提を持つことが大事です。私は恋愛したことがありません。性欲が絡まない異性の付き合いというものがそもそもよく分かりません。しかしながら性欲抜きでもずっと一緒にいたいと思う異性ができた人達は幸せなんだと思いますよ。


結論としてNHKはあいかわらず的外れだということです。

関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター