アクセスランキング

酷すぎる判決を見て唖然としました



大阪・ミナミで昨年5月、飲酒運転の車で暴走し3人を死傷させたとして自動車運転処罰法の危険運転致死傷罪などに問われた無職、白坂愛里被告(26)の裁判員裁判の判決公判で、大阪地裁は2日、予備的に問われた同法の過失致死傷罪などを適用し、懲役3年6月を言い渡した。飯島健太郎裁判長は「原因はアクセルとブレーキの踏み間違えで、飲酒の影響は認められない」と述べ、危険運転致死傷罪の成立を否定した。検察側は控訴を検討している。


 裁判は、白坂被告が飲酒の影響で正常な運転が困難な状況だったかどうかが
主な争点だった。弁護側は「アクセルとブレーキの踏み間違え」と訴え、過失致死傷罪の適用を求めていた。
飯島裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由から読み上げる異例の措置を取った。
判決によると、白坂被告は昨年5月11日未明、大阪市中央区西心斎橋2の駐車場から不注意で
車を暴走させ、自転車で通りかかった准看護師の河本恵果(けいか)さん(当時24歳)らをはねた。
恵果さんは死亡、友人女性ら2人も重軽傷を負った。 白坂被告は居酒屋で3、4杯のビールを
飲み、運転直前にも缶ビールを口にした。しかし、飯島裁判長は、事件前後の白坂被告の意識は
はっきりしており、「酔いの程度は弱いものだった」と認定。正常な運転が困難な状態に陥ってい
たとまでは認められないとして、危険運転致死傷罪の成立を否定した。
そのうえで検察側が予備的に追加していた過失致死傷罪を検討。判決は事故原因について、白
坂被告が駐車場の車止めに乗り上げた際、目に入った被害者の姿に焦ってアクセルとブレーキ
を踏み間違えたと認め、少なくとも運転時の注意義務を怠ったと結論付けた。
飯島裁判長は量刑理由について、「被害者や遺族の処罰感情は峻烈(しゅんれつ)だが、過失
は反射的な不注意によるもので、とりわけ悪質なものとまでいえない」と述べた。
検察側は過失致死傷罪適用の場合は懲役5年、危険運転致死傷罪では懲役9年が相当と求刑していた。
大阪地検は当初、白坂被告を過失致死傷罪などで起訴した。しかし、遺族らが地検に対し、より
刑罰の重い危険運転致死傷罪の適用を求める上申書と約17万人分の署名を提出。補充捜査を
行った地検は同罪への訴因変更を決め、地裁もこの請求を認めて裁判員裁判で審理していた。
【向畑泰司】

 【ことば】危険運転致死傷罪

 悪質運転の厳罰化を目的に2001年の刑法改正で新設された。致死罪の最高刑は懲役20年。
14年の自動車運転処罰法の施行に合わせ、刑法から移された。同法の過失致死傷罪(最高刑は
懲役7年)は過失責任を問うのに対し、飲酒や薬物の影響などによる異常運転で故意に人を死
傷させた場合に適用される。正常な運転が困難だったという加害者本人の認識などの立証が
必要で、適用のハードルが高いとされる。
http://mainichi.jp/articles/20161102/k00/00e/040/216000c



これは簡単にいうとお酒は飲んだけれどたいして酔っぱらってなかったからあんたの刑は軽くするよということです。茫然として言葉も出ません。何なのでしょうか?この判決は。

乗り上げた際にアクセルとブレーキを踏み間違えるという致命的な判断ミス。何故判断を誤ったか?アルコールが入っていたからと考えるほうが自然じゃありませんか。

もし酔いの程度が問題であるのならば、標準的なロシアの人は酒をいくら飲んでも危険運転致死傷罪の適用はされないことになります、彼らはビールごとき酔うことはありえませんから。問題はそこではなく「意図的」に飲酒運転した結果人を弾き殺したという事実をもっと重んじるべきでしょう。

この女は不注意で人をはねたのでは断じてない。不注意の意味としてちょっとしたミスという意味合いがあります。飲酒運転ちょっとしたミスでしょうか?断じて違う。そこには明確な意思が存在しています。アルコールを摂取して運転するという本人の意思が。

http://aragorun.blog.fc2.com/blog-entry-1189.html
隣人トラブル正直者が馬鹿をみる判決


以前私が書いた記事ですが、頭のおかしい人間に数十年絡まれ正当防衛で殺めた人間が懲役9年という短くない刑期を今刑務所で送っています。彼は殺意を認定されたのですが、状況からいって殺意は否認できたはずです。でもそれはしなかった。潔く罪を認めたのではないか。

今回の件は逆です。醜く言い逃れたのだと思います。アクセスとブレーキを踏み間違えだけ。たいして酔っぱらってなかったと主張したのではないか。

司法がこれでは子供達に悪いことをしたら素直に謝れだの綺麗事をいうことができますか?醜くかろうがなんだろうが自分に都合のいいストーリーを作って言い逃れるほうがはるかに得だと考えてしまうでしょう。

こういう主張をすると素人が感情論で法廷の判断に口を出すなと御大層に反論する人間がいますが……どう考えてもこの判決が理性的な判断だとは思えない。むしろ子供の屁理屈を聞いているように思えます。


白馬非馬という言葉があります。馬といえば動物の馬の事を指すが白馬というのは白と馬という概念が合わさったものなので馬とは違うという意味です。ようするに詭弁です。

この詭弁をいった男は仲間である他の学者を降参させました。しかし関を通る時に馬への通行税を求められた時同じ理屈を役人に主張したら相手にされず結局お金をとられました。

彼の理屈に屈服した学者の仲間とお金を取り立てた役人のどちらが有能でしょうか?屁理屈を肯定した裁判官とそれはおかしいと署名した17万人の人間。前者が学者であり後者は役人だということです。複雑に考えすぎた結果どうしょうもない答えを出してしまい、返って単純に考えたほうが正解に辿り着けることもあります。

私刑は許されていない社会において法が人を公平に裁くことができないのならば被害者は泣き寝入りするしかない。おかしなことはおかしいと主張していくことが大事です。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>