アクセスランキング

新潟教師が福島から避難してきた生徒を○○菌と呼んだ理由

どうも私です。新潟の教師が福島から避難した生徒を○○菌と呼んでいたことが分かり物議を醸しています。


2011年3月11日   東日本大震災、その後、新潟市に自主避難

 15年(小学3年) 仲間はずれや、「菌」との呼び方はじまる

 16年(小学4年) 嫌がらせが続く

   11月上旬   自主避難した横浜市の中学生のいじめ発覚。「菌」と呼ばれていたことがニュースに

     17日   児童が担任に相談

     22日   早朝、福島県で最大震度5弱の地震

          昼休み、担任に名前に「菌」をつけて呼ばれる

          放課後、保護者が学校に連絡

     24日   学校に行かなくなる

     29日   学校の調査で担任の発言確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000028-asahi-soci



何故40代の男は生徒を○○菌と呼んだのか?彼はネットの人気者ヒカキンを参考にした愛称という言い訳をしています。本当でしょうか?はい嘘ですね。40代といっても中身はせいぜい中学生ぐらいで止まっている男の言い訳としては捻ったほうではないでしょうか?

それではさっそく本題です。何故彼は生徒の事を○菌と呼んだのでしょうか?これは簡単です



”いじめグループに媚びたのです”




そのほうがクラスにおいて自分の地位が確立されるからです。ネットスラングでいうとキョロ充というやつです。教師がキョロ充?と思われる方もいるかもしれません。

先生と呼ばれていますが彼らは人格面での精査など受けたことがありません。よって良くも悪くもその人格は教師以外の人間の平均値程度でしょう。つまらない言い方をすれば人それぞれということです。優れた教師もいればその逆もいる。そしてこの教師は前述したとおり中学生程度で心の成長は終わったと断定してよい。

彼は考えます。クラスのお調子者軍団を敵に回していじめを糾弾するより、自分もいじめる側に回ったほうが楽だろうと。教師という職業が聖職だと信じている人間はもはや少数派でしょうが、そこまでレベルは低くないだろう?と考える人は多いです。しかしながら現実はそこまで程度が低い人間が混じってるいるのです。今回の件はそれが表面化しただけにすぎません。

本来教師は学生に畏怖されていなければならない。しかしながらこの教師は小学生すら御することができなかったため、能力がなかったために多数派のいじめグループに迎合して少数派であるいじめを受けていた生徒を迫害した。圧倒的な能力の低さと社会性のなさが招いた事件といえます。

結果として比較にならないぐらいの大きな社会的制裁を受けることになりました。保護者の立場を考えますにこんな未熟な男を先生と呼んでその教えに従うよう自分の子供にいえるでしょうか?純粋に何も教わる事はないですよ。

ネットでは彼の顔や実名を探る動きがあります。家への嫌がらせなどは論外だとは思いますが教育委員会の身内意識でほとぼりが冷めた後にしれっと仕事を続けられても困りますからある程度は自浄作用が働かない組織へ水をぶっかけるようなもので必然的な動きといえましょう。

いじめを受けたら大人に相談しなさいといわれます。頼りになる大人が周りにいるかどうか?はっきりいって運ですね。運不運で人生が決まる。理不尽ですがそんなものです。

一つ言えることは小学生が”いい先生だ”ともてはやす教師は要注意です。子供に迎合するだけの友達教師がいい教師なわけがありませんから。

今回の件は子供同士のいじめが発端ですが大人にもあほな人間はたくさんいます。彼らは福島というだけで穢れのように扱い科学的な根拠がないにも関わらず迫害するのです。自分達の腐臭に気付かないのが滑稽であるといえましょう。何から何まで救いようがありません。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター