アクセスランキング

蛭子さん、嫌われていると思えば楽になる

http://www.zakzak.co.jp/people/news/20161201/peo1612011530001-n3.htm

どうも私です。蛭子さんのコラムをみました。

人間関係に悩む諸氏に説くのは、「なるべく仲間は作らないほうがいい。孤立するのを恐れないほうがいい」という孤立のススメ。「みんな人のこと、気にしすぎなんですよ。好かれたいと思うから人付き合いも難しくなる。『俺は嫌われてるんだ』と思って接すれば楽なもんですよ」引用




そうですね。人間には好かれる人間と好かれない人間がいまして、私もどちらかといえば好かれない人間の類でしょう。どちらかといえばと見栄をはりましたが小坂が内野ゴロを処理する確率ぐらいで好かれない人間です。分かりやすく言えば9割9分を超えるくらいでしょうか。

人に好かれるような人間はどんどん仲間を作ってワイワイガヤガヤやっていたほうが楽しいでしょう。問題は人に好かれないほうなんです。

一番苦しいのは人に嫌われてるのに好かれようと努力して報われないパターンです。カイジの福本さんが書いた名作黒沢において主人公はこう呟きます。

「一人がみじめなのではなく、この人恋しさがみじめだ」

蛭子さんはこの人恋しさを捨てれば1人でもエンジョイできるよといっているわけですね。私もそうだと思います。昔の農民でしたら孤立して生きる事は贅沢であるといえる。村八分となり田んぼには水を入れてもらえず嫌がらせをされ食っていくことすらままならぬ。それはもうみじめであるとかそういった事を飛び越えて死活問題です。

しかしながら現在においては孤立していても食っていくことはできます。ある意味では贅沢な話なんですね。人は長い間群れをつくらなければ生きて行けなかった。ですから一人でも生活していけるということはとてつもなく贅沢なことなんです。強調したかったので二度いいました。

人恋しさというのは群れでなければ生きてゆけなかった過去の記憶が作った本能なんでしょう。本能といえば性欲も本能です。人という動物は年中発情しています。卑猥な話をしたいというわけではありませんそれは誤解です、私は固い男ですのでそこらへんはぬかりありません。話を続けましょう。大抵の人間は性欲をコントロールしているわけです、できなかった人間が性犯罪者となり
社会の厄介者になっているわけですが、9割9分の人間は性欲とうまく付き合っているのです。

ですから人恋しさというのもそれは本能としてあるのが自然なんだなと認めたうえでコントロールしていくことができるのです。自分はどうも好かれないほうの人間なんだなぁ?と自覚したら無理に好かれる努力はしなくてもいいんですよ。そのほうが断然楽になります。

嫌われて元々で好かれたら丸儲けなのです。

孤立が怖くないというのもね、例えば学校でぼっちであるとしましょう。一人でいることはそんなに苦痛じゃないんですよ。問題はあいつぼっちなんだなと見下される人々の目が耐えがたいんです。所属する組織、団体がなければぼっちは怖い事でも何でもありません。

ですから社会人になれば孤立していても楽しめますよ。余計な人付き合いをしなくていいという点でメリットすらあります。孤独死にしても下手に病院に連れて行かれて寝たきりになるくらいならすっぱり死んだほうがいいですからね。

ここまで書きましたが、若い人はね多少努力したほうがいいです。ありのままの自分で勝負できないばあいドーピングしてでも戦えばいい。でも中年以降はね?もういろいろ手遅れなケースが多いですから、後はもう考え方を変えてありのままの自分で気楽に生きていったほうがいいですね。

それでは私はゲームをします。独身中年年収100万円台ですけど1日中ゲームをします。ありのままといえるでしょう。


関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター