アクセスランキング

姉が娘を憎む理由

苛々するという言葉、表情を見たとき私は姉が嘘をついていないと感じました。誤魔化そうとするときやはぐらそうとするとき姉は怒るか笑うかの2択なんです。神妙な顔をしている時は本音で語っているとみてもよい。

私は姉がメイちゃんを憎む理由として一つ仮説を立てています。姉は従妹と容姿を比較され親戚の集まりで屈辱を感じていました。当時の大人たちからすればなにげない言葉だったのかもしれませんが姉は深く傷ついていました。記憶に残っている従妹は確かに可愛く姉との容姿の差は歴然でした。

大人になってもその傷が癒えていません。その時の大人の一人は年老いて老人となりました。姉はお金の事で頼ってきた伯母をこれでもかと罵倒しました。怒りは時間を経てば薄れるものではなくむしろ増幅されていく事もあります。

メイちゃんは容姿が整っています。整いすぎているといってもいい。一方妹のレイちゃんは姉に似ています。幼児の頃、親戚一同正月に集まったことがあります。その場で姉妹の容姿について言及されたときに姉は激怒しました。その様子は尋常ではありませんでした。一般常識でいえば姉妹の容姿がどうこういうのは失礼な話で母親である姉が怒るのは自然です。しかしながらその怒り方が尋常ではない。私は普段会わない、これからもほとんど会わないであろう親戚の肩を持ってもしょうがないので、姉の味方をしました。これで私達姉弟はめでたく親戚の間で孤立することになりました。

我ながら考えすぎだ、滑稽だと頭に浮かぶたびに切り捨てているのですが、私には姉がメイちゃんを毛嫌いする理由がそれ以外にまったく分からないのです。こういったケースの場合母か娘のどちらかに問題があるか、両者に問題があるのだと思います。私はメイちゃんに問題があるとは思えない。彼女は料理の時は多少怖いですが、後はおとなしいいい子です。子供を持ったことがない私からすれば自慢の娘として母が誇ってもいい出来ではないだろうかと思います。となると姉に問題があるということになる。

かつての自分を思い出しているのだろうか。従妹と娘を重ね合わせているのか。こんなことは誰も聞けないので同じような境遇の人間がいないか私は本を読み漁りました。いろいろ調べていくうちに知ったのですが母が娘に嫉妬するケースはけっして珍しくないようです。そのうちの一例として娘を女としてライバル視してブスのくせにというような暴言を吐く母もいるようです。

しかしながらメイちゃんはまだ小学生です。女としてのライバルというとピンときません。姉は若作りしていつまでも女にしがみ付くようなタイプでもないのでこれはどうだろうかと思いました。とするとレイちゃんへの配慮なのだろうか?これは気を付けないとレイちゃんまで飛び火する可能性がある。

いずれにせよ姉のトラウマが原因だとして、問題はそれに踏み込むかどうかです。私は見えている地雷を踏むような真似はしたくないのですが、放っておいて姪が踏むようなことになれば私が踏んだほうがまだましだと判断しました。

「苛々するっていうのはどういうこと?何が気に入らないんだ」

私は前進しました。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター