アクセスランキング

8時間労働に違和感を感じる


 8時間の仕事を4時間でできる人は、4時間で仕事が完了しても帰ることができない。8時間分(通常の2倍)の仕事をやろうにも、そこまでの仕事が無い。加えて、2倍の仕事をしても給料が2倍になるわけでもない。そうなると、4時間でできる仕事をのんびりと8時間かけて行うことになる。これが、日本の企業の労働生産性が低い理由ではないかと思う。況して、上司の目を気にした無駄な残業などがあれば尚更だ。
http://blogos.com/article/200989/




どうも無意味に走って忙しいアピールをする者です。確かにどんな仕事であれ正社員ならば定時という概念があり、どれだけ早く仕事を終わらせても時間を拘束されるというのは無駄以外の何物でもない。

理想をいえば有能な人間が早く仕事を終わらせれば新たな仕事を割り振り、こなしてきた仕事の分だけ給料を上げる。いうのは簡単ですがこういうシステムを作るのは難しいのでしょうね。

発言小町を見ていても夫婦の家事の分担をどうするのかというのは永遠のテーマです。というのも社畜という言葉があるように日本で総合職に就いてバリバリ働くとなると時間的な拘束がハンパないです。

これがお互い6時間労働の夫婦ならばきっちり折版で家事をこなしても笑顔が絶えない家庭になりそうです。私は1日2時間労働ですから常に笑顔ですよ。

先日24時間営業店は必要なのか?という番組を見ました。消費者にとっては便利ですがそのために過剰な労働を強いられているという観点から辞めてもいいのではないかという論調がありました。

労働者といってもプライベートでは消費者です。消費者としての利便性を少し捨てれば労働が楽になると考えるとあながち悪い意見ではありません。

そうはいっても日本全体でもっとゆったり働けばいいんじゃない?という人が多数派にならないと難しいのでしょうね。人間はなんだかんだいって現状を肯定して生きてゆく動物ですから。

いろいろ書きましたが私のような人間が労働環境の最適解がなんなのか分かりません。しかしながら私の労働時間は1日2時間!これが最適解でファイナルアンサーです。これ以上働けば過労死します。それでは晩御飯の準備をしてきます。


関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
3位
アクセスランキングを見る>>