手取りから家賃を引いて85000円未満だと貧困だそうです

-
チャーチル
 
厚労省審議会委員が貧困の定義を発表していました。手取りから家賃を引いた額が85000未満ですと貧困だそうです。実は私11月の収入が10万円を超えました。主に家庭教師の仕事が増えた事が原因ですが……家賃は1万円ですので、私は貧困の定義にあてはまらないことになってしまいます。由々しき事態です。

こんなことがあっていいのだろうか?いや私は自分が貧困だとは思っていませんが、貧困でないといわれるとなんだか無性に反発したくなります。極貧人のプライドといいますか、見栄といいますか……国がなんといおうと自ら貫く道を歩めばいいだけの話ですから無視しておけばいいのですが、まだまだ未熟です。

しかしながら彼のいう事もよくわかります。家賃以外で85000円もあれば独り者なら悠悠自適に暮らしていけますから貧困とは言えないでしょう。

根本的な問題として私は極貧エリートとしての全盛期をすぎ衰えていっているのだろうか。プレステになったら映像が綺麗になったけどファミコン時代のほうが面白かったねといわれているような気分であります。

過ぎ去り日を懐かしんでも執着してはいけない。そういうことにしておきましょう。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル