アクセスランキング

保育所を訴えた高齢者の末路を考える


神戸市東灘区で「保育所から聞こえる子どもたちの声がうるさい」として、住民の男性が認可保育所に慰謝料などを求めていた裁判の判決が神戸地裁で言い渡されました。

 神戸地裁は「園庭で遊ぶのは約3時間で騒音は断続的に発生するものではない。保育園から聞こえる音は我慢できるとされる範囲を超えていない」などとして、男性の訴えを棄却しました。

 訴状によりますと、男性は保育所から聞こえてくる音は「70デシベル」で神戸市の基準を超える騒音であり日常生活に支障をきたしたと主張し、慰謝料100万円の支払いなどを求めていました。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000041-mbsnews-l28



こんな訴えが認められるようならいろいろ終わりといったところですが裁判所は常識的な判決を下したようです。声がでかいだけの非常識な人間をのさばらせちゃ駄目なんです。

社会不適合者にも二通りいると思うのです。自覚があり世の中の片隅でひっそり暮らしていくものと、あくまで自分が正しいと周りに迷惑をかけるもの。この男性は後者ですね。

こういう人はもう山奥で小屋でも建てて一人で暮らしていく以外ないと思うんです。人家がなければ騒音も発生しないじゃありませんか。常軌を逸していると動物相手に裁判をやるかもしれませんが、さすがに弁護士も引き受けないでしょう。

こういうニュースを聞くだけでいつも思います、そしてブログだから書きます。身の程を知れという言葉です。この男性と子供のどちらが有益な存在でしょうか。世の中にいなくてもいい人間がこれから先未来ある人間の邪魔をする構図は本当に醜い。

私も社会不適合者ですが身の程だけは弁えて生活していきたいですね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター