アクセスランキング

豊洲を危険視する構造は福島原発絡みの差別問題と本質が酷似している

連日築地、豊洲問題がニュースを騒がせています。

この騒動を見ていて福島原発の件と似ている部分があるなと感じました。焦点としては豊洲が汚染されているか否かということでしょうか。

確かに汚染が存在しているのは事実であります。しかしながら問題は実害があるかという点です。基準値の100倍のベンゼンが検出とセンセーショナルに出ていましたが、これは飲み水の環境基準であるということです。

そしてこの地下水は飲まれるわけでも利用されるわけでもなく、ただ地下に存在しているというだけの話なのです。そういった事情を踏まえて総合的に専門家は安全であると宣言しました。

それでも安全と安心は違うという論理で、都民の不安な気持ちがある以上移転には慎重であるべきだとまことしやかに言われています。

この理屈は一見正論ですが、実に危ないんです。科学的に安全であろうがなかろうが「なんとなく」汚いから嫌だーといっているにすぎません。

福島原発がメルトダウンを起こして結果、県外に避難している子供がいじめを受けています。確かに福島原発が汚染されている事は事実ですが、子供達が汚染されているわけではない。ましてや放射能が移るなどありえない事です。

豊洲問題の本質はここにあります。科学など関係なく、なんとなく自分達が汚いから嫌だという小学生の論理です。これはね大変危険なんですよ。

科学が万能なものとはいえません、ですが人の勝手な偏見に基づいた自己判断よりははるかにましであり、指標になるはずです。自分達が汚いから嫌だの論理では、福島差別は一生なくならないでしょうし、事実そういった人達がいる以上、根絶するのは難しいでしょう。

本当に優れた政治家ならばそういった大衆の不安な気持ちをうまくコントロールして、科学的に安全だという事実を分かりやすく説明しなければなりません。

逆に狡猾な政治家は反対方向に活用しようとするでしょう。それは許しがたいことであります。こういうニュースになると環境潔癖症みたいな団体が出てきますが、騒ぐ前に自分達の家の雑巾がけでもしていろといってやりたいです。



関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>