アクセスランキング

勉強嫌いな子を勉強させる唯一の方法

どうも私です。

勉強嫌いな子を勉強させるためにはどうしたらいいか?職業柄よく話題になります。私はしがない家庭教師ですから、これをいうのは憚られるのですが……はっきりいえばお金をあげればいいんです。

人間に限らず動物の行動には意味があります。肉食動物が狩りをするのはお腹を満たすためですし、ビーバーが川をせき止めるのは住み心地がいい家を作るためです。それでは子供は何のために勉強するのでしょうか?

いろいろな答えがあるでしょうが、一言でいえば社会生活を営むためでしょう。集団生活の中で、生きるための知恵を学んで社会に出たら自分の力で稼いで食ってゆくのです。

しかしながらこれではあまりにもぼんやりしすぎています。10年後の自分のために頑張れ!といっても今日の自分を大切にするのが人間です。ですから勉強するために、塾や家庭教師や学校など強制力を働かせて勉強していくわけですね。

それでは週末の自分のために頑張れといわれたらどうでしょうか?小学生が大学卒業後の就職先について考えるのは無理ですが、週末どうやって遊ぶ予定を立てるかについては考えられます。

好きなゲームを買えるならウキウキするでしょう。今多少辛くても週末に楽しい事が待っていれば、頑張ることができる。ようするに10数年後の就職先より、一週間後の1000円のほうがはるかに大事だというわけです。


学生の仕事は勉強する事だという言葉があります。仕事ならばお金を貰ったとして、何も不自然な事はありません。大人だって無給で働く奇特な人間なんてほとんどいません、例え生活に困らなくてもです。行動をお金で報いるという行為はまったく問題ないわけです。

お金のために勉強するのは動機が不純だ!お金のために勉強していると勉強の楽しみが分からなくなる!そういった意見もあります。

前者は自分の価値観ですので子供をいかにして勉強させるかどうかについては関係ありません。後者ですが、そもそも勉強が楽しい子供を持った親は子供の教育に悩むことはなくなります。

子供にお金なんて必要はない!自分のために勉強しているのになんで親が甘やかす必要がある!これも一つの価値観であり否定するつもりはありません。

しかしながらあるべき論にとらわれても、自分の子供が勉強しないまま大人になるだけです。理想をいえば、何もしなくても自発的に勉強して、高成績を残す子供になってくれるのがいいでしょう。でもそんな子供なんてほとんどいません。なにより、自分が子供の時どうだったか省みたら答えはでるはずです。

目的が社会奉仕のためであろうが目先のお金のためであろうが勉強を続ければ習慣になります。習慣になれば苦痛を感じることはなくなります。朝ご飯を食べて歯磨きをして登校するかのごとく、自然と机の前で教科書を読めるようになるでしょう。

将来自立すればどんな生活をしようがお金は必要なのです。幼いころから自分の行動によってお金を貰えるという経験を積ませれば、お金の勉強になります。むしろ子供であるという理由だけでたいした意味もなくお小遣いを貰っているよりずっとためになる。

実はですね……勉強というのは面白いんです本当に。ただ現代の生活はそれ以上に娯楽が溢れすぎている。スマホやDSのゲームなどは、大の大人が子供がいかに手軽に楽しめるか?それのみを考えて開発しているわけです。そんなものがあれば、勉強なんかせずゲームばかりするのは当たり前です。

ですから勉強すればお金を貰えるという+条件をつけてやるわけですね。どんなクソゲーでもモンスターを倒せば、リアルに500円玉が出てくるゲームなら、ダブルミリオンなんて楽に行きますよ間違いありません。

そうなんです。一見クソゲーに思える勉強というゲームをお金という餌でプレイさせる。すると全員ではありませんがこの糞ゲー、実はするめゲーであることに気付くわけです。

こうなるともう餌などなくとも勝手にプレイしている状態になります。ここまでくれば一流大学にもなんなく合格することでしょう。


大人にしても資格の勉強をするのは、実利があるからです。資格手当が貰えたり、就職が有利になったり、出世が有利になったりいろいろです。抽象的ではなく明確な目的があればこそ人は頑張ることができるのです。

そして勉強をし続けた結果、小学生の時にはぼんやりとしていた……就職などが有利になることになるんですね。短期的な報酬を目的にし勉強することで長期的な目標をかなえることができるというわけです。

世の中のほとんどの人間が凡人です。この世界で食っていく!と決めたのならば、学校の勉強なんて極力さぼればいいんです。
先日卓球の平野みう選手が中国選手を次々撃破して優勝しました。彼女は高校生ですが、このレベルまでくれば学校の勉強なんかより卓球の練習のほうがはるかに有意義でしょう。

大工で生きていくと決めたのならば中卒で働いたほうが早く技術は身につけられます。若い頃はスポンジのように吸収するので、なんとなく3年間高校にいくよりもその時間を大工仕事に明けくれれば、大工としてのレベルに大きく差がつくはずです。


しかしながら、なんとなく生きているだけならば、とりあえず勉強しといて損はありません。凡人にとって勉強こそ投資であり保険であるということです。

とここまで書きましたが、私に払うお金をお子さんにあげて勉強させたらどうですか?というと私がご飯を食べていけなくなるので、ブログでしか書いていませんけどね。

結論ですが北風と太陽の話しを実践してくださいということです。子供に勉強させるためには、長丁場ですから強制力だけではうまくいきません。自発的な意志こそなにより大事になります。

その際10年後の就職先のためにだとか社会貢献のためにだとか立派な大人になるためになど並べるより勉強すれば1000円あげるよといったほうがはるかに効果的だということですね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター