アクセスランキング

夫に食事を与えず殺害容疑で73歳女を逮捕というが



夫に食事与えず殺害容疑、73歳女を逮捕 大阪・高槻
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000045-asahi-soci

寝たきりの夫(76)に食事を与えずに殺害したとして、大阪府警は6日、同府高槻市城南町1丁目のアルバイトの女(73)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め、「介護に疲れ、死んでもいいと思って食事を与えなかった」と供述しているという。

 高槻署によると、女は4月下旬から数日間、自宅で、寝たきり状態の夫に食事を与えずに殺害した疑いがある。

 6日午前7時ごろ、女が高槻署を訪れ、「4~5日間、夫の面倒を見ていない。死んでいると思う」と自首。署員が女の家に駆けつけ、1階の洋間で仰向けに倒れて死亡している夫を発見した。女は「夫は認知症で、昨年から寝たきりになり、1人で介護していた」と話しているといい、府警は司法解剖して夫の死因を調べる方針。




これを「殺害」というのは酷です。死んでもいいと思ってという言葉を額面通り受け取ればそうなるのかなと思わないではないですが……といいながら全然思っていませんが……そうです明らかにおかしいのです。

意訳すると心身共に限界がきて面倒を看られなくなったということでしょう。昔に比べて73歳は若いとはいえ、それでも後2年で後期高齢者です。この年でアルバイトをして自活しているだけでもすごいものですよ、頭が下がります。

そのうえ認知症で寝たきりの人間の面倒を看ることなんて最初から不可能なんです。それでも1年その無理をやり通した人間を評価するのならば立派だという以外にないと思うんですね。

にもかかわらず夫に食事を与えず逮捕という社会的レッテルを貼られてしまった。真面目な人間ほど馬鹿を見るという言葉が当てはまる事例でしょう。生活保護を貰いながら社会に不満をたらたらいって暮らしている人間と比べてどちらが人として立派なのか?
考えるまでもありません。

夫が食事できなくなり衰弱死したといっても誰も何も言えないはずなんです。そしてそれは嘘でもないんですね。いろんな意味で悲しい記事でした。



関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
3位
アクセスランキングを見る>>