アクセスランキング

痴漢問題の論点のすり替え

どうも私です。

痴漢をしたと指摘され、線路に入った男性が電車にはねられて死亡しました。この男性は痴漢を否定したようですが、真偽が分かる事はなくなりました。そして痴漢問題について真面目に考えてみました。

痴漢問題になるとどうしても性別がクローズアップされて痴漢する男が悪い冤罪をでっちあげる女が悪い男が悪い女が悪いの永久ループになってしまいがちです。

痴漢をする人間が悪いのであり冤罪をでっちあげる人間が悪いという当たり前の結論から遠ざかっていく一方です。近年線路経由で逃走を図る人が多いのは、痴漢はやっていようがやっていまいが、女性の証言だけで99%有罪になるという現実が周知されてきたためでしょう。

そして一度痴漢で捕まれば、勤めている会社を解雇される可能性が高い。そして一度職歴に傷がつけば、同じような待遇で雇ってもらえることは不可能に近い。社会的な信用は地に墜ちるでしょう。

一方痴漢被害者ですが、実際に痴漢にあった事がある女性ですが、14 %~58%と数字の範囲が広すぎました。とはいえもっとも低い14%を採用したとしても10人に1人以上が痴漢にあっているわけで、これは尋常な数字ではありません。となると痴漢冤罪以上に痴漢泣き寝入り件数が多い事になり、どちらにせよ抜本的な対策が必要になります。

痴漢に対しての犯罪の認識のズレといいますが、触っても減るもんじゃないだろという考えの人間は、一度想像するといいでしょう。外国へいって自分より身長が20cmほど高い屈強な男が息遣いを荒くしながら自分の尻をなでまわされたらどう思うのか、おそらくかなりの恐怖でしょう。恐怖はトラウマになり今後の人生の爪痕になる可能性がある以上、痴漢は軽犯罪ということはできません。

当たり前の話しになりますが痴漢を減らすためにどうすればよいかという話になります。解決策としてまず第一に考えられるのは少なくとも満員電車時は男女を完全に分けてしまう事、単純ですがもっとも効果があるでしょう。

運用ですが、鉄道会社が人手を増やして、客の男女比を計算、そして車両にそれをあてはめるのです。客も鉄道会社も手間がかかりますが、これだけで痴漢が劇的に減るのは間違いなく、その効果を考えるとやる価値は十分にある。社会的に非常にリターンが大きい。

同性同士の痴漢以外は確実に防げることになり、おそらく多くの痴漢犯罪の中でも同性同士の痴漢は圧倒的に少ないと思われます。勝手な思い込みの数字であり実現は難しいでしょうが全車両でこれを行えば99%以上の痴漢がこれでなくなると断言します。

この数字が正しいとすると年間数十万件~数百万件の犯罪を1/100にできるということであり、これは劇的な改善です。多少の手間暇くらい惜しくない、むしろ積極的にかけるべきなのではないか?そう思う次第であります。

現実問題として家族連れや親子連れや性同一性障害の人などをどうするかについて細部を詰める必要がありますが、絶対にできないということはない。

また防犯カメラの設置も有効な一手です。満員電車になるほど混雑しているのですから当然鉄道会社は利益を得ています。その利益を犯罪防止のために使えばいいのではないか。

一部で防犯カメラ設置している路線はあるそうですが、まだまだ不十分です。防犯カメラを設置していれば痴漢への抑止力になりますし、いざ痴漢が起きた時に決定的な証拠になる事もあります。

プライバシーやら監視がどうだの言って反対する人もいるのですが、プライバシーって公共交通機関に乗っている時に使う言葉でしょうか?どうもうさんくさいんですよね、この手の事を言っている人間は。

ようするに痴漢問題は深刻な社会問題になっているのに、鉄道会社はやれることをやっていない、言いかえるとやれることすらやっていない。司法は司法で冤罪者を作り出すシステムを作ってしまいました。痴漢をしていないのなら堂々としていろ!ではなく一度嫌疑をかけられたら晴らすのは無理だからなりふり構わず逃げろ!という弁護士もいるくらいです。これでは怖くて満員電車なんて乗れませんよと、電車自体数年間乗っていない極貧人ですら恐怖してしまいます。

結論としては痴漢する人間が悪い、痴漢冤罪をでっちあげる人間が悪い、鉄道会社は怠慢である、司法は手抜きしすぎ、そして電車を乗らない私は優雅に自転車で移動するのです、つまり自転車こそ最も優れた乗り物であるというスキのない答えが出ましたので失礼します。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター