アクセスランキング

妻と妹どちらが正しいですか


20代中盤の妹が頻繁に実家である我が家に帰ってきます。

妻はあまりいい顔をしません。自分もけっこううんざりしてきています。数年前に父親が亡くなり、自分が家を継ぎ、結婚して子供も二人産まれています。母親とは一緒に住んでいるし、妹もこの家で育ったので、まだ妹にとっては実家気分のようです。妹は社会人になってもしばらくは住んでいましたが、自分の結婚と同時に家を出ました。

外で暮らし始めると何回も仕事を変えてみたり、お金がなくなって電気を止められたり、税金を支払っていなくて3桁近い請求がきたり、そのような状態なのに旅行やライブに行ったりしているようです。何度も仕事を変えるので当然貯金などはなく、こっそり母親が援助しているようです。

そして時々家に帰ってきては、自分がいたいだけいて、何も手伝わず、のんびりと過ごしてお金だけ持って帰ります。もちろん、自分は色々と注意しています。


最近もまた仕事を変えて、フラっと帰ってきました。今回も帰ってきても何もしません。さすがに妻も疲れてきたようで、「いきなり何日も滞在されると食事の準備の計画だって崩れるし、食べるか食べないかもわからない。

何も手伝わない、お礼も言わない、部屋を汚してもしらんぷり、子供達に危険な物も色んなところに置きっぱなし、はっきり言ってもう面倒みきれない。私はあの人の親じゃないから無償の愛なんてそそげない、尻拭いばっかりでもう嫌!」と言われました。

まったくその通りで子供たちがまだ小さくて大変で、家事も自営の仕事も頑張ってくれている妻に余計な負担をかけていたことを妹に注意しました。

妹に注意していた所、妹は泣き、それを見た母親が「そんな怒らなくても、妹ちゃんに帰ってくるなと言うのか!!仕事変えたばかりで寂しいだろうから好きに帰ってきてもいいでしょう。元々何もしない子なんだから仕方がないじゃない。」




どうも私です。今回は妻と妹どちらが正しいか知りたい夫の相談です。勝手に答えていきましょう。そうですねこれはもうトピ主の中で決着がついています。妻が正しいということでしょう。

しかしながら今回の争点は妻と妹ではなくむしろ妻と母親ですね。母親が妹の行動を容認しているのがそもそもの原因ですからそこから改善していかなければなりません。

人間関係というのはどちらかをとらねばならない時があります。今回のケースでは母親と妻のどちらを選択するかすでに迫られている状態です。状況は逼迫しております。

選択肢があるということはまだマシなんですよ、グズグズ決断しないでいると、自分の行動はどんどん制限されていきます。それが世の中の定めですとかっこよくいっておきましょう。

となると母か妻かどちらかを選ばざるを得ない。どちらにもいい顔をしようとすると結局どちらの信頼も得られません。とはいえすぐに母を捨てるという極論にはなりません。

すなわち刀を差すということですね、いざというとき自分はこの家を出ていく。そういった前提のもと母親と話し合うのです。そして相手に選ばせるんですね。このまま妹を甘やかすして一人で家に住んでもらうか、妹の傍若無人なやり方を改めさせるかの2択です。

それで母親が妹を選んだのならしょうがない、ここはもう別居しかないでしょう。とはいえ私はレベルの高い怠惰人ですから妹の気持ちがよくわかるんですよ。甘えられる実家があれば頼りたくなる気持ちも分かります。

それでももはや他人様が家に入っているのですから昔いた実家とは違うんですよね、こればかりはどうしょうもない。私も姉の家でくつろいでいますが、義兄がいる時は軍隊の下士官のように直立不動ですよ、まぁ嘘なんですけどね。

話しを戻しますと小さい子の育児に家業の手伝いおまけにソリが合わない姑との同居。トピ主の妻は臨界点を超えていてもおかしくないですよ、もっと危機感を持つべきでしょう。

結論ですが帰ってくるとなというのか!という風に問いかけられた時、人はこの手の激しい言葉に黙りがちです。ここは毅然と妹が生活を改めないならそうだ、帰ってくるなといわなければならない。俺にそういわせないためには妹の生活を改めさせるか、妹の面倒を母さん一人で全部見てくれ、もし嫌だというならここを出ていく。

こう答えるべきでしょう。まったく他人事ですからスラスラ出てきますよ本当に、さすが無責任男の私です。義兄にあの怠惰男を家に入らせるな!といわれないように謙虚にくつろぐことにしましょう。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>