アクセスランキング

カップラーメンは贅沢品といった議員へのツッコミ




なんか舛添前都知事がテレビ番組に出て、カップ麺を食べる貧乏生活を主張されているらしいですが、完全にダウト。節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺=貧乏生活と思い込みがちですが、本当にコストをセーブできるのは米とパスタです。カップ麺など贅沢品!相変わらずなのですな、この方は…(おときた議員の発言)



「米やパスタだけで凌げると思ってますか。甘いです。やったことある人なら分かるけど、結局何かしらのオカズが必要になるので安いカップ麺買ったほうが凌げます。知らんでしょ?」(ツイッターでの突っ込み)


カップ麺の相場は、特別に高級な品を除けば1つ100円程度だといった指摘が寄せられた。米や具無しパスタより、カップ麺のほうが満足感が高く、腹持ちも良かったりもする。また、ご飯を炊いたり湯を沸かしたりといった手間、光熱費を考えれば、カップ麺で済ますことを「贅沢」とは言えないだろう。

音喜多氏の出身区の北区は、経済的にはあまり良好とはいえない。2014年には同氏が自身のブログで、23区内を平均所得順に並べると北区が最下位だとも明かしている。こうした背景があっての発言だったことも火に油を注いだようで……


blogos.com/article/242719/?p=2




どうも毛穴のケアをしているものです。舛添元都知事がお金がなくカップラーメンを食べているといった事に関して地方議員であるおとたけ議員がカップラーメンなど贅沢品!と切り込んだ事に関して議論が起きているようです。ここは私の領域ですので積極的に参加していきましょう。

まずツイッターでの突っ込みですが……米は確かにおかずが必要ですよね、パスタも茹でただけでは食べられません。とはいえ工夫しだいでカップラーメン以下の値段に抑えることはできますし、カップラーメンのほうがベターであるという結論にはなりません。

また光熱費云々ですがこれも地域や環境によって違いますが、米を1回焚くのに数円、水は3リットルで1円程度です、都市ガスの場合10分程度使っても数円程度です。となると光熱費を考えてもカップラーメンとパスタの差は埋めるにいたりません。

また違う食品も考えねばならないでしょう。食パンやうどんや焼きそばです。食パンは1枚、うどんと焼きそばは一袋10数円で買えます。ネットの情報ですが9円で買えるところもあるようです。

つまりカップラーメンを食べるより一袋10数円のうどんを買ってきて野菜と業務スーパーの鶏肉を切って炒めて食べたほうが栄養コスパ共に断然優れているというわけであります。

野菜は時期によって値段が上下しますので、安い時に購入して身体にビタミンを補給するのです。壊血病になってしまっては大変です。

そもそも舛添さんは資産数億円ともいわれているので、最初から茶番劇なのですが、カップラーメン=貧乏の構図は安易に使われがちです。そういう意味で議員の身分でありながらつっこんだおときたさんの着眼点は悪くありません。

私も貧乏番組はみますが、一個120円のカップラーメンと400円以上する煙草と漫画雑誌と缶コーヒーとおにぎりをコンビニで買ってきて、1000円札を使い果たし貧乏だ~と嘆いている姿を見るとそりゃそんなに使っていたら金は残らないだろうと突っ込んでいます。

ようするに私がなにがいいたいかというと、貧乏ぶりたいときはカップラーメンではなく袋入りのラーメンにモヤシを入れて食べてるよ~といってください、一歩進んだ形になります。そういうことです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター