アクセスランキング

56歳の恋が終わった56歳



1年前にシングルになった56歳の女性です。昨年の秋に知り合った同じ歳の男性と10ヶ月間お付き合いをして参りました。彼は20年前に奥様と死別。その後再婚をしたそうですが、再婚相手に彼の貯金を使い込まれ、その後前夫や他の男性と密会している事が発覚。 直ぐに離婚をしたそうですが、彼は心に大きな傷を負ってしまったようです。

私達は結婚という事に捉われずに、自然に任せて付き合っておりました。1人の暮らしに慣れていたはずの私達でしたが、2人でいる事の楽しさや温かさを感じて、このまま一緒に暮らせたら…と思うようになっていきました。

ただ、お互いの仕事や生活拠点を変える事はそう簡単ではありません。ゆっくりと一つずつ解決して行けば良いだろうと思っていたのですが、別れは突然やって来ました。

私が彼以外の男性とLINEやメールをしている事が原因でした。単なる友達の関係でしたので、私には何もやましい事はありません。

その証拠に、彼に隠す事なく話していたのですから。男友達の意見や考えを聞くことは、女性と違う視点からとても勉強になる事が多いと思うのです。

「そうだね」彼もそう言ってくれていたので、まさかそれらが別れの原因になるとは夢にも思っていませんでした。彼は口にも態度にも出さずにいましたが、ずっと私に対して不信感を抱いていたんですね。

突然、私を疑う言葉を書き並べて責められました。二つに一つだと言われ、何て極端な考えなのかと思いましたよ。どう説明しても聞き入れてくれません。

彼と別れたくないので、男友達の連絡先を消去し、彼にその事を伝えました。でも、疑わしい関係は不毛。女はみんな同じだ!俺はそんな関係は要らない!と一方的に終わらせて来ました。

納得いかないですし、何より私は彼を愛しています。のまま諦めた方が良いのか、会ってくれないでしょうが連絡するか。苦しいです。




どうも発言小町を読むものです。今回は56歳の恋が終わった56歳の女性の悩みです。勝手に答えていきましょう。まずですね恋人や配偶者が異性と親しく付き合うなんて嫌なんですよ基本的に。

正直交尾だけの関係だったりすればね別にどうだっていいんですが、好きという感情があれば、それが自然なことです。俺は気にしないよそんなことさぁなんて言っている人間の9割は寛容な自分を演出しているか、相手に嫌われたくないがゆえに束縛しないだけの話しでしょう。

ですから男友達たくさんいるけど私の彼は気にしない心が広いなぁではなくて、自分の事が好きだから譲歩しているなぁと理解しておいたほうが、いざというとき円滑に対処できます。

大前提として経験は共有できません。相手が男友達の話しを聞くのも大事なんだ、でも本当にやましいことはないよといっても四六時中一緒にいるわけではありませんから、浮気をしていない証明なんてできっこないんですよね。

となると状況証拠の積み重ね……というより捜査でも裁判でもないですから、心証がどういう風に変化していくかという問題になります。今回の場合恋人が浮気により大きな心の傷を負っていると書いているのに、なんらその事に配慮しなかったのが、破綻の原因でした。

自分はやましい事はしていないから何も問題はないはず!というのは理屈の話しであってね、恋人関係なんて法的になんら形があるものではないですから、相手の心証こそすべて。

最初は信じていた、信じたかったけれどもあまりに男友達と親密に付き合ってるのを見せられぁぁこいつ浮気しとるわと判断されれば後は何をいっても聞いてくれないでしょう。浮気してようがしてまいが、私は潔白だ~というしかありませんから。

彼は自分の心を守りにいったわけですよ、ここで彼女を信じたとして次に裏切られたらもう持たない。心のHPが0になってしまうと判断したわけですね。

結局の所彼女の選択肢は多いようで少なかった。彼との付き合いをやめるか、男友達との付き合いをやめるかの2択しかなかった。第三の選択肢はなかったにもかかわらずあると錯覚してしまったがゆえに、いつのまにか2択ですらなくなってしまった。

人生ではよくあることですが、悲しい事ですね。






関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター