アクセスランキング

障がい者になりながらも弟たちを育てあげた姉

どうも私です。youtubeで動画を見ていました。個人製作の動画のようですが商業用の作品にひけをとらず久しぶりに質の高い動画と出会えました、と無料動画を漁ってばかりなのに偉そうにいいたいお年頃です。塾の教材にも使えそうな出来です。

蜂の動画なのですが、あらすじを書きますと、寄生蛾により身体を食べられてしまい、飛べなくなった蜂がいました。働き蜂として飛翔できないということは致命的です。彼女は巣の余剰資源に頼り生きていますが、いざというときはすぐに切り捨てられる立場です。

巣の役に立たない彼女は孤立していました。
何しろ何も仕事ができないのです。

それがあるきっかけで状況が変わります。
動画製作者が彼女に彼女を食べた寄生虫を渡しました。

昆虫を肉団子にして幼虫に給餌するのは働き蜂の主な仕事の一つです。初めての仕事に慣れない動作で頑張る彼女に、今まで無関心だった姉達がこうやるのよといわんばかりに手助けしてくれました。

そして無事幼虫に給餌をすることができました。この事をきっかけに彼女は自分で獲物を狩れないながらも姉達が獲ってきた虫を肉団子にして幼虫に給餌する仕事を得ました。

巣において役割と信頼を得た彼女は追い出されることがなくなりました。そして猛暑が巣を襲います。暑さが凌げる場所に蜂達は移動しました。残ったのは飛べない彼女とまだ世話が必要な弟たち。

10匹以上いる弟たちに水や餌をやりながら一人で世話をする彼女。数日後巣には誰もいなくなっていました。飛べない蜂が世話をした弟たちは無事成長して群れに合流することができました。弟たちを育て上げた彼女は役割を終え眠りにつきました。



いやー素晴らしい。これは下手なドラマどころかそれなりに上手いドラマより感動する動画です、なにしろ実話ですからね。昆虫は感情がなく本能で動いているといいます。実際生活の中で触れ合う彼らを見ているとそう思えます。とはいえ人間も基本は本能で動いています。

心とは何かを科学的に定義できない以上、なんらかの感情を蜂達が持っているといっても違うとは言いきれない。立証できない事柄ならば、ロマンがあるほうを信じましょう。そのほうが人生が楽しくなります、ロマンチストになりましょう。

思うにこの飛べない働き蜂は、巣で役割を与えられ、コロニーに貢献できるようになり幸せだったのではないか。人間社会もそうですが生まれつきの能力や環境によって人生はこれでもかというくらい差が出てす。本人が悪いわけでもなんでもない。しかしながらどうしょうもなく理不尽な現実になすすべく佇みます。

姉達が働く中何もできず、巣のおこぼれにあずかって生きているだけ。彼女はその時までとても孤独だったのではないか。それがコロニーにとっては神のような存在である動画製作者の介入により巣に貢献できるようになったわけです。とはいえそれはきっかけであり、飛べなくても巣の中で役割を見つけようとした飛べない蜂の努力の賜物といってもよい。

飛べない蜂の動画の他にもこのシリーズは素晴らしく、こんなものが無料で見させてもらえるのかと唸りました。以下の2動画が飛べない蜂の生涯を追った動画です。間違ってxvideosを貼らないよう注意しました。 虫が苦手な方は見ないほうがいいかもしれません。

このシリーズ動画を世に送り出してくれた制作者に感謝します。


飛べない蜂


幸せの意味



関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター