アクセスランキング

新聞投書欄の訴えに批判殺到


朝日新聞(2017年10月31日付朝刊、東京本社版)の「声」欄に掲載された「育休の肩代わり 過重負担では」という投稿が、激しい批判を浴びている。長崎県の40歳主婦の投稿で、夫が娘の小学校入学式のため休暇を申請したが、直前になり同僚の女性が育休を延長してしまった。楽しみにしていた夫は出社を命じられ、式に出るのを諦めた。夫は産休している同僚の仕事を殆ど肩代わりしたため過労が重なり、同じように過労で倒れてしまった人がいる。自分は片手間に育児はできないと考え、正社員だった会社を辞めている。その結果、子供の成長に寄り添う喜びを得た、とし、それぞれの家庭に事情はあるのだろうが、
 「産休や育休の肩代わりが同僚男性らの負担になっている現状に気づいてほしい」と結んだ。
 これに対し、ツイッターではワーママに対する「個人攻撃だ」として激しい批判が起きた。悪いのは会社の制度や上司だろう、といった感想も出て、 「はいはい、会社辞めずに『育児を片手間に』やってる兼業主婦がここにいますよー憎いかー憎いだろー 」
  「妊娠するなら会社やめろといわんばかりの酷い投稿ですね。妊娠で会社辞められる投稿者さんは、幸せな一握りの人間であることをわかっているのでしょうか?」
  「つまり、育休取るなと。育休取るくらいなら他人の負担も考えろと。笑わせてくれますね。他人の負担を考えてないのはどっちだよ」

などといったことがつぶやかれた。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000006-jct-soci

 


我が子の入学式のために有給を申請した夫が、育休を延長した同僚女性の犠牲になり、有給が却下されたことを嘆いている女性の投稿です。それに対してツイッターの一部から批判が殺到したという趣旨です。

社会にはいろいろな矛盾があり、理不尽な事が襲い掛かることも珍しくありません……と神妙にいっておきます。今回の件ですが育休女性vs有給男性という構図になっています。

建前的な正論をいえば、会社がゆとりをもって人員を配置しておけば両人ともに休めることができたため、会社の責任であるといえば楽ですが、中小、零細企業の場合そうもいかないでしょうね。

ただ今回のこの騒動ですが違和感があるんですよ。そうですあらかじめ有給を申請していた夫よりも、「直前」で育休延長を申し出た女性社員が優先されたことです。

有給申請も育休延長も法律上受け付けねばならないが、現実の経営上どちらがを出社させねばならないのならば、それは先に申請しておいた投稿主の夫の有給を優先させるべきです。

子供達にだって教えてますよ、先に約束したほうを優先してねと。これが世の原理原則であります。そこらへんの不公正さが投稿主の怒りに拍車をかけたのではないでしょうか。

つまり育休vs有給、男性社員vs女性社員の構図ではなく、どちらとの約束を優先させるかという構図なわけなんですね。繰り返しますが先に約束したほうだろうと。実際ろくに会社に勤めたことがない私の机上の空論かもしれませんが、大きく的は外していないということにしておきましょう。

こういった人間関係の拗れって一言あると全然違うんですけどね。権利だから私が謝る必要がどこにある!といった態度をとられたら、それはどんどん険悪になっていきます。

やはりね会社に勤めるって面倒くさいですよ、通勤、上司と部下、同僚との人間関係、何一つとってもややこしい問題であります。やはり私は極貧であろうと一人で働くことに拘っていきたい。そういう思いを強くした投稿でした。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター