アクセスランキング

例の事件を受けて政府が規制に乗り出したようです


headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000051-jij-pol
政府は10日午前、神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開催した。年内をめどに再発防止策を取りまとめる方針で、ツイッターの規制なども検討する。直ちに実施できる対策があれば、防止策の取りまとめを待たずに採用する。自殺助長の禁止明記=ツイッター社、9遺体事件受け菅義偉官房長官は席上、「各閣僚がリーダーシップを発揮し、関係省庁連携の下に政府一体となった対策強化を行い、再発防止を徹底したい」と強調。菅氏は、(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実-を指示した。会議には小此木八郎国家公安委員長、野田聖子総務相、林芳正文部科学相らが出席。来週、関係省庁の局長級会議を開催する



どうも私です。政府が例の事件の影響からツイッターを含めた若者の心のケア対策に乗り出すそうです。ツイッターは果たして規制が必要なのかどうか?

包丁で人を刺す人間が出ても包丁の規制にはつながりませんし、交通事故で年数千人死んでも車の規制という話には繋がりません。となると筋論でいえば、いかに衝撃的とはいえ、人数からいえば交通事故とは被害者数において比べようがない事件が起きた程度で規制という話に繋がっていいものかどうか。

しかしながらツイッターって別に必要ないと思うんですよね。やらなくても何も問題はない。包丁がなければ料理はできないし車がないと現代の社会は経済面において回すことができません。比べてツイッターがなくなったとしてもたいしたことじゃないような気がしますけどね、私が使っていないだけで利用者にとっては切実かもしれません、それでもやはり必要性を感じない。

私の偏見ですがフォロワー数を水増しするために、八方美人的にフォローしたり金で買ったりそんな涙ぐましい努力から解放されたほうがいいじゃないですか。

SNSってとても怖いツールだと思うんですよ、ツイッターなどの炎上で人生が崩壊した人の特集を見ましたが、なかなか恐ろしいものです。

車の免許は数カ月間教習所に通い、試験に合格する必要がありますが、ツイッターはほんのちょっとの手間です、スマホやパソコンで登録すればすぐに使えてしまいます。これは抱えるリスクと比べて利用条件が明らかに手軽すぎる。

そもそも論として未成年にツイッターやらなんやら必要ないでしょう、あんなものはプライベートで友達を作りたい大人が使えばいいだけであって未成年は学校で大いに青春を謳歌すればいいんです、何もないなら靴箱にチョコを自分で置くんですよ、帰って涙こらえて食べましょう、おっさん臭い意見ですけどおっさんですからしょうがありません。

話しはずれますが私は病んだ現代人みたいな意見には反対します。古今東西、病んでいる人間はいますし、現代は特別な時代でもなんでもありません。

結論として未成年限定でツイッター利用禁止で何も問題ないじゃないか、大人は自己責任で使えばいいじゃないかいいじゃないかということで失礼します。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター