手取り1万円で月400時間働かされる

-
チャーチル
 

月給わずか1万円 バングラデシュ女性が会社を提訴

 月給わずか1万円で長時間労働をさせられたとして、京都に住むバングラデシュ人の女性が、繊維会社を相手に裁判を起こしました。
 京都府に住むバングラデシュ人のベガム・ラベアさん(24)は、おととし11月に来日し、外国人技能実習生として長崎県内の繊維会社 で縫製の仕事につきました。

 ラベアさんの訴えによりますと、休みは月に2,3日で、
月に400時間の長時間労働を8か月半の間続けましたが、
寮の費用やブローカーの中抜きなどで手取り月給は1万円だったということです。

 ラベアさんが会社側に「給料が少ない」と言ったところ、
荷物をまとめて帰国するよう指示されたということです。
ラベアさんは会社と社長を相手取り、
未払いに相当する賃金などおよそ880万円の支払いを求めています。

 繊維会社の社長は取材に対し、
「賃金はきちんと払っていた」と話しています。
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000000584.shtml



1日13時間以上働いて手元に1万円じゃ、
ぶちきれてもしょうがありませんね。
発展途上国ならともかく日本の賃金ですからね。

バングラデシュの女性ですから本国並みの賃金で
いいと判断したのでしょうか?
なんでも人を介すとお金がかかりますが

相当中抜きされていたか、経営者が出し惜しみしたのか、
おそらく両方ですね。派遣会社の実態は全然分かりませんが
いいイメージはあまりありません。

今の時代必要なのはわかりますけどね。

私は13時間労働なんて身体がついていません。
怠惰生活にどっぷり使った身体では1日で辞めてしまうでしょう。
ラベアさんは働き者ですね、裁判に勝ってほしいです。

関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル