貧乏人の気分を味わう

-
チャーチル
 
朝 パンの耳
昼 パン
夜 ご飯 味噌汁 納豆 ほうれん草のおひたし
  卵焼き 味のり

パンの耳で命を繋ぐ話をネットのどこかで見ました。
それを思い出して、明日も食っていけないという
設定で朝ごはんをパンの耳だけにしました。

はぁーステーキとか寿司が食べたい。毎日パンの
耳飽きたと独り言をいい、貧乏の悲哀を感じながら
食べました。

昼は残ったパンを焼いてそのまま食べました。
はぁー白いご飯が食べたいと独り言をいいながら
食べました。

ここまで来て、何も貧乏を演じなくても私は
充分貧乏……いやむしろ極貧だということを
思い出して、この茶番をやめました。

夜は白いご飯をたらふく食べました。
貧乏ごっこのおかげで、いつもより美味しかったです。
白いご飯をたらふく食べることができる貧乏人
なんと素晴らしい。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル