銀シャリ

-
チャーチル
 
朝 食パン 目玉焼き コーヒー
昼 焼きうどん(キャベツ)
夜 米 スイトン 梅干し

白米が貴重なため食べられなかった戦後の時代に
米の事を銀シャリと呼んでいたらしいですね。
私は米をよりおいしく食べるために、戦後まもない
時代に自分がいたと仮定して、貴重な銀シャリを
食べるという設定で妄想しました。

銀シャリが貴重なら人々は何を食べてたかというと
スイトンですね。私はまずスイトンを作りました。
私は当時の人々になりきったつもりでスイトンを
食べました。

その後に白米を食べました。待ちに待った銀シャリ
です。ご飯一粒一粒がたっています。光輝いています。
そして箸で一口食べました。

うーんいつもより
断然おいしいです。まさに銀シャリです。
スイトンもまずくないのですが、主食として
考えると飽きがくるのは分かります。

米は偉大ですね。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル