当たってしまったくじ

-
チャーチル
 
義兄がデパートのくじを大量に腐らせました。
正確にいうと当選を確認しないまま、期限が
切れてしまったのです。

姉は怒って義兄を責めました。私は、当たっていない
可能性のほうが高いのだからそんなムキになることは
ないと義兄を弁護しました。

それならば確認しようと姉は言い出しました。
不毛です。実に不毛です。
当たっていたら悔しいだけの
作業です。

当選番号を確認する役目は私になりました。

当たるなー当たるなーと願いながらくじを見る
時間は怠惰生活を送っている私でもなんて無駄な
時間を過ごしているんだ……と憂鬱になりました。

そしてものの見事に
当たっていました。3万円ほどの商品券です。
私は思わず笑ってしまいましたが、すぐ表情を
引き締めました。

そして私はその事実を隠ぺいしました。

姉は当たっていない事で機嫌を直し、義兄は
ほっとしていました。嘘も方便です。
真実を知るのは時に残酷なものなのです。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル