アクセスランキング

社畜の生き方年収50万男の生き方

どうも、私です。
厚着に厚着を重ねて
散歩をしていたら
登校中の小学生に笑われました。
どうも私に渾名がついているような気がするので、
しばらく散歩は時間帯をずらすことにします。


年収50万生活に向いている人間は、
怠惰を好む人間であるのが第一条件です。
暇だけは人1倍あります。

逆に、怠惰を忌み嫌う人種といえば、
ネットスラングでいう社畜
という人種でしょうか?


私の義兄は社畜です、会社に奴隷のように
酷使され、それを誇りに思っている
社畜の中でもかなりレベルが高い
エリート社畜といっていいでしょう。

義兄は朝、娘たちが起きる前に出社して
娘たちが寝て,しばらくたった後に帰宅します。

休日も家にいることはほとんどないです。
娘たち……私の姪っ子達もパパがいないことが
あたりまえの事だと思っているようです。

姉は兄の悪口を一切いいませんので、
その事で姪っ子達は兄に対して
寂しさこそ感じているでしょうが、
不満は溜まっていません。

ある日、姉の家に
遊びにいった日に珍しく義兄がいました。
義兄は嫌な顔一つせず、私を歓迎してくれました。
私はせっかくの休みで、家族水入らずで過ごしたい
のではと思い、理由をつけて帰ろうとしましたが、
私には帰らなければいけない、適当な
理由など何一つ思い浮かびませんでした。


なんでもない世間話をした後に、
義兄は取引先の会社の人間との、
話を私に得意げに話してくれました。

義兄が珍しくお盆休みで、久しぶりの連休を
ゆっくり休もうとした所、
取引先の人間に、○○さんの所は
お盆休みなんてあるの?うらやましいなぁ?といわれた
話です。

文字通りうらやましいといっているわけでは
ありません、むしろ逆です。

社畜界では働くことが美徳であり、休みをとって
いない自分達を誇りに思うとのことなのです。

義兄は彼らの皮肉に対して怒りを覚えるどころか、
彼らみたいな立派な社畜になろうと改めて
思ったという話なのです。

私には理解できる話ではありませんでした。
義兄を上回る社畜がこの世にいるのです。
理解できません。いつ寝ているのでしょうか。

しかしながら義兄の話なので、感心した風を装って
大げさに相槌を打っていました。

レイちゃんはそんな私を、
はしゃいでいる猿みたいだったと、後に評します。

姉は義兄に私の事を可哀想な境遇だったと
大ざっぱに説明しているらしいので、義兄は私に
こうすればいいとかはいいませんし、説教も
しません。

しかしながら義兄は一度だけ私に会社を紹介しようと
したことがあります。


義兄が紹介するくらいの会社です、
怠け者の私に耐えられるとは思いませんでした。
義兄に紹介してもらえば、簡単に辞めることは
できなくなります。
私は丁重にお断りしました。
かつて一流企業を目指していた私ですが、
この頃は怠惰な生活を心の底から気に入っていたのです。

義兄は私に普通の生活を送ってほしかったようですが、
私には義兄の普通が、普通だとは思えませんでした。

社畜に対してここまで否定的な事をつらつら書きましたが、
社畜に対して私は悪く思っていません。

義兄が社畜をしているからこそ、姉と姪っ子達は
冷暖房が効いた広い部屋に住み、外行きのおしゃれな
服装を着て、しゃれたランチを楽しむ生活ができるのです。
大学までの学費など気にすることなく
何不自由なく暮らしていけることができるのです。

義兄の誇りもそこにあるのでしょう。

もし義兄が亡くなれば、姉一家は貧窮生活を
送ることになります。私は極貧生活を送っても
気楽なものですが、家族同然の
女3人の貧窮生活など見たくはないのです。
義兄は妻と娘のためにやっていることですから、
私が感謝するのはおかしいのですが
義兄に合うたびに委縮する思いなのです。

ただそうはいっても、
私には到底無理な生き方です。

年収50万男は怠惰を追求し、怠けている時間の
長さを誇るのです。

今日は1日こたつで寸止め自慰をして
終わりました。明日は宝くじが当たったら
どういう風に金を使うかの妄想で1日過ごします。
義兄には貴重な時間をそんな事に使う
私のほうこそ理解できないでしょうね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター