アクセスランキング

お金がなくても幸せ?

メールでこういう趣旨の質問をしてきた方がいました。

「チャーチルさんは貧乏生活が幸せだといっていますが
本当にそうでしょうか?貧乏は惨めではありませんか?
自分を誤魔化して、貧乏生活が幸せだといっている
だけではありませんか?私はお金がないのは嫌です。
お金がないと人の尊厳まで奪われてしまうから
それが嫌です。どう考えても貧乏人よりお金持ちのほうが
幸せです。」



うーん面白いメールです。
名前は伏せるとの約束で紹介させていただきました。
まず私は極貧生活に誇りを
もっていますが、極貧生活は人を選ぶことにも言及しています。
嫌な人は嫌でしょうし、お金を持ちたいと思うのは自然
なことだと思いますよ。

また極貧人の私でも衣食住が確保できない環境下での
生活はさすがに御免こうむりたいと思っています。
他人の幸せのあるべき姿というのを論じるには私は
若輩者なので、自分の事を語ります。

私は以前休みなしで働き続けた時期があります。
精神的に余裕がなく、家と仕事場との往復で、帰路で
思う事は早く寝たい、何も考えずに早く寝たいと
それだけの惨めな生活でした。

そのストレスを解消するために、浪費も激しく
仕事で稼いだ金を仕事で溜まったストレスを解消する
ために使うという、意味が分からない生活でした。

現在はお金はありませんが、時間はたっぷりあります。
ストレスもほとんどありませんから、浪費でストレスを
解消することもなくなりました。

多少のお金はあるが、ストレスが溜まり寝る時間も
ない生活と、お金はないが、ストレスがなく昼間から
思う存分寝られる今の生活を比べると、今のほうが
充実しているといえます。

http://aragorun.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

以前私が書いた記事です。年収100万円までは幸福度が
劇的に上がっていくのですがそれ以降は緩やか
になっていくというハーバード大学の研究を参考にして
書いた記事です。

衣食住が整った後、使う金というのは
生物として本来、蛇足ということです。
ブランド物で着飾ったり、高級車を乗り回す
行為は、後天的な欲求といえます。

衣食住を確保したうえで時間をとるかお金をとるか
それぞれの人の考えがあるのでしょうが、私は
昔の生活より今の生活のほうがはるかに幸せだと
いえます。

keikeiさんの記事で言及されていますが

右肩上がりの幸せ

21歳セレブニートの女性が月200万円もらって
つまらなそうにしているのを見てまるでゲームでレベル99から
やっているようだと表現されていましたが、的を射ている
と思います。

貧乏生活が嫌でも将来振りかえった時、あの時期が
あったから今の幸せを噛みしめられると考えることが
できます。人は常に相対的に物事を考えます。そして
過去の自分と今の自分は比較対象にしやすいのです。

最初からレベル99では楽しみも何もないでしょう。
私は低レベルで冒険が始まる町の側をうろついただけで
人生が終わるでしょうが、メールをくれた方は
是非レベル上げをして相対的な幸せを
感じてほしいと思っています。

レベル1を経験しているからレベル99の圧倒的強さを
感じる事ができるのです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター