アクセスランキング

ブログのコメントに落胆

私は昔、何を思ったのか
世相を斬る!などと意気込み
ブログを開設したことがあります。

私はブログというものは記事を書いていれば、
自然と読者が増え、コメントがもらえるだろう
と思っていました。

毎日、毎日、記事を更新しました。
雨の日の風の日もブログを更新し続けました。
殺人事件や、汚職事件、いじめ問題
あらゆるジャンルを斬り続けました。

コメントは0でした。

私は少し固いのがいけないかなと思い、
テレビドラマの感想の記事や
芸能人の醜聞などにも手を出しました。

コメントは0コメントが続いています。

それでも何も反応がないため、アニメの感想にも
手を出しました。といっても最近のアニメは
分からないので、ジブリの映画の感想を書きました。

依然として0コメントが続いています。

私は考えます、コメントをもらうにはどうしたらいいのかと。
考えた末にコメントをもらう方法を検索しました。

”読者に疑問を投げかけるような記事にするとコメントが
 もらいやすくなります、自己完結の記事は完成度が高く
 てもなかなかコメントしづらいものです”

我が意を得たり!と納得しました。
私の記事は完成度が高く隙がなかったのだ!
私はニヤリとします、
高根の花とかいう奴です。

記事に隙があればそこを埋めようと読者がコメント
してくれる。

口説きやすい女性に通じるものがありますね。

私は読者に疑問を問いかける感じで記事を書きます。
会心の出来の記事が出来上がりました。
読者がどういう突っ込みをするかも想定して、
それに返答するコメントも頭の中で出来上がっています。

朝起きてブログを確認するとコメントはありませんでした。

私の記事の完成度が高かったのではなく
ただ単に、だれも興味がなかったのです。
世相を斬っていたつもりの私でしたが
斬られたのは私のちっぽけなプライドでした。

疑問を呈しているのに、誰も答えていない
間抜けな記事を見て私は意気消沈し、
ブログの更新を辞めました。

しばらく経ち、心の傷も癒えた後
私のブログを見てみるとコメントがついていました。

私はまるで自分の下駄箱にラブレターが
入っていた中学生のような気分になります。
実際に私の下駄箱にラブレターが
入っていた事はありませんので、あくまで想像です。

そのコメントはなかなか確認できませんでした。
私はコメントを返答する前に頭の中でいろいろ
想定します。罵倒コメントでも丁寧に返答しよう。
そう決めます。

1日後、意を決して見ました。

”アヒー!!人妻とホテルにしけこんで
 5万円もらっちゃった!!毎日美人人妻
 の相手で身体がもたないよ”

一瞬意味がわかりませんでしたが
迷惑メールの類だということを理解した後に
私は落胆しました。アヒー!といいたいのは
人妻ではなく私です……。

私はブログを削除して
ふて寝しました。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>