アクセスランキング

不登校どこまで関わるべきか

どうも私です。
私は教育業に携わりながら文筆業もこなしている
多忙の身です。世間的にはそういう事にしております。
現実は暇にまかせて日々怠けた日々を送っている
怠惰人兼極貧人です。

私は生活の糧を得るために
家庭教師をしているのですが、受け持っている
生徒さんが不登校になりました。明るくよく喋る
子で親御さんから不登校の事を聞いた時、私は
驚きました。

人と会うのも苦痛らしく、授業も何回かキャンセル
されました。親御さんも対応に苦慮しており、
家庭内で荒れる事も多くなったようです。

親御さんがこの事についていろいろ
相談したいとおっしゃっています。

一家庭教師がどこまでこの問題に踏み込んでいいものか?
線引きを考えています。
当然踏み込み過ぎてはいけません。

ただドライに受験テクニックだけを教える立場
だからその事については私の関与する事ではないと
いう態度をとってよいものか……
このバランスが非常に難しいです。

問題が起きた時、小手先で誤魔化すのではなく
根本の原因を取り除くのが一番いいのでしょう。

不登校で考えられる原因
といえば、まず考えられるのが学校内の人間関係です。
第2に授業についていけないなどでしょうか。

彼女は頭も悪くなく勉強についていけないという事は
ないと確信しています。

私は身内がいじめを受けているのならば
いじめをしている人間に対しての直接的な
アプローチを含めある程度の
強硬手段をとることも視野に入れますが、家庭教師が
そこまで踏み込んでいいわけがありません。

またいじめではなく、人間関係が拗れただけの場合
打つ手は限られます。

となると黙って話しを聞く以外にないという
結論になりますが、早急に結論を出すのではなく
事実を把握してよりよい方向に持っていけるように
したいですね。

もし高校にどうしてもいけず結果として
中退したとしても、大学にいく道が
閉ざされる訳ではありません。

教育業に携わる者として、受験テクニックだけではなく
進学や進路について多角的に検討して助言できるよう
今からいろいろ調べる事にします。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
検索フォーム
リンクフリーです
フリーエリア
リンク
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
2位
アクセスランキングを見る>>