アクセスランキング

高齢の男性が倒れていた

私がいつものようにスーパーにいき戦利品を持ち帰っていたところ
人だかりが出来ていました。
人だかりの真ん中には倒れた高齢の男性が……

救急車もすでに呼ばれており、
私にできることは何もないのですが
そのまま人だかりの一員となっていろいろ話を聞きました。

少し離れたところで事情通らしい近所の人間の方に話しを聞くと、
男性はつい最近奥さんが亡くなられ1人で暮らしているようです。
日課の散歩中に倒れたようです。

私も散歩中に倒れる可能性は充分あります。

ずいぶん憐れんだ口調でしたが、長年連れ添った伴侶でも
どちらかが先に死ぬのであり、核家族化が進む中1人で死ぬのは
特別な事ではありません。

人間いつかは必ず死ぬのですが、私は健康体ですしまだ死を身近に
考えていません。ですが男性が倒れている姿を見て
少し意識しました。

死ぬ時はあっというまに死にたいですね。
心臓が苦しいと思ったら次の瞬間意識を失っているのが理想です。

もっと理想をいえば寝ていたら死んでるってやつですね。

痛みが人間にとって必要なのは分かりますが、寿命を迎えた人間
が死ぬ時には痛みが快楽に変わるなど、身体も融通をきかせて
もらいたいものです。

救急車のサイレンが鳴り響き、
喧騒の中男性は病院に搬送されていきました。
自然と人だかりは解消され、また静寂が空間を支配しました。
私は誰もいなくなったその場にしばらくいました。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター