生き残ることができるのは強い者ではなく環境に適応した者

-
チャーチル
 
どうも私です。我々のご先祖様は強い強い
捕食動物が幅を利かせていた海で、海底で
見つからないようにコソコソ活動していた
らしいのですが、生き残ったのは我々の生存が
示すようにご先祖様です。

先日、最近めっきり多くなった旅番組を
見ていたのですが、海外では日本では
まず見られない寿司が多いですね。

最初は邪道でこれは寿司ではないと
思っていたのですが、海外と日本では当然
環境が違うので、環境に適応するために、
寿司が日本と違う形態になるのは必然であり、
旧来のやり方に拘っていては、生き残れない
のでしょう。

進化のプロセスに対して、人間の寿命が
短い事を残念に思った学者は、パソコン上で動く
人工生命を生み出しましたが、海外に展開する
寿司を見ていると、進化した生命を見ているような
気分になります。

極力エネルギー消費を抑えて
1日の大部分を寝て暮らす動物がいます。

労働なんてまっぴらだ、欲しがらないので
その分怠けて生きていくという人間は
進化でしょうか?退化でしょうか。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル