アクセスランキング

無料と1円の壁の高さは果てしなく高い

どうも私です。無料(ただ)この言葉は
深いですね。いろいろな思いが交錯します。

無料と有料というのは例え1円であっても
越えられない壁が立ちはだかっています。

例えば私のブログは当たり前の事ですが
無料で見ることができます。見ることが
できるというか見てもらっています。
ありがたいことです。

これがもし月100円とるといいだしたら
どうでしょうか?おそらく数人見てくれれば
いいほうだと思います。

コンビニで昼食に1000円使う人が
いたとしましょう。スーパーで買えば
同じ物が900円で買えたとします。

その事を指摘してもあっそうで終わりでしょう。
こういう人でも無料の物に100円とられると
あってはそれはそれは一大事なのです。
なんで無料の物に金払わなくちゃならないんだよ
と激オコになるでしょう。

0と100円と1000円と900円では100円差という
事に変わりはありませんが、そこには高い
高い壁がそびえたっているのです。
0に何をかけても0という算数の深い深い
教えがそこにあります。

とくにネット社会は敏感です。
youtubeを見れば無料で音楽をいくらでも
聞けますし、良質のフリーゲームを
いくらでも無料でプレイすることができます。

無料で手に入る物の質があまりに高いのです。
この無料が当たり前の時代に、有料の物を
売るのは並大抵の事ではありません。

私も無料が大好きで、無料のサービスを
活用しまくっていますが、そのおかげで
生活が充実しています。

そのうち無料サービスが増えて
無料が当たり前の時代になれば
もしかしたら

共産主義の実現かもしれません。
私は資本論は何度か読みましたが、
ああそうかマルクスはこんな
世界を実現したいのかと呟きながら
何も理解できませんでした。
ですから共産主義がなんなのか
いまだに分かっていません。

今日は無料の図書館で読書を楽しみ
無料の喫茶店(パチンコ屋)でお茶と
ポップコーンを楽しみ、
無料のマッサージ屋(家電量販店)
で身体を癒してきます。

そしてマルクスに私は無料で楽しんでいる
と報告することにことにします。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター