アクセスランキング

イルカ漁は残酷なのか

どうも肉を最近食べてないものです。
宗教上の理由ではなく、経済的な理由と
いっていいでしょう。

イルカ漁に反対とケネディ駐日米大使が
ツイートしたようです。

イルカ漁は非人道的であるという理由です。

しかしながら、ケネディの考える人道で
肉を食える方法は
あるのでしょうか。寿命や病気で死んだ動物の
肉だけ食べれば、殺すことにはなりませんが、
供給量が確保できませんし、衛生的にも
問題がありそうです。

結局殺して食うしかないのです。
殺す以上どうしても野蛮で残酷に
見えます。

イルカ漁は残酷か
残酷といえます。

では残酷だからやめねばならないか
ノーです。

どんな理論武装をしようが
牛と豚と鶏を食っている以上
他の動物を食ってはいけないといえる
理屈は議論を進めれば必ず破綻します。
感情論だからです。

日本人に神様が決めた食べていい動物と
食べてはいけない動物などといわれても
通用しません。

国ごとに法でこの動物は食ってはいけないと
定めるのは大いにやればいいのですが、
他国に破綻した理屈を押し付けてくるのは
傲慢以外の何物でもありません。

だいたいイルカや鯨に何をそこまで
肩入れしているのかよくわかりません。
知能が高いといいますが、事実でしょうか。
また知能が高ければ食べてはいけないのなら

牛が知能が高い事を立証したされたら
彼らは牛を食べるのをやめるのでしょうか。
間違いなくやめないでしょう。

大使たるもの、赴任した国家の文化や考えを
理解して発言すべきであって、何も
考えず、自国の立場だけ主張するというなら
それは幼子でもできますし、幼子は
事実親に対してそうやって振る舞ってます。

親は子供だからそれに対処しますが、
国と国の関係は親子ではないのです。
それは甘えであって、甘えとは立場が上のもの
が許容することで初めて成り立つのです。

イルカ漁が禁止されたとして従事している
人間も少ないですし、イルカの肉を食べている
日本人も少ないですから、経済的な損失は
微々たるものです。

しかし理屈に合わないことを押し付けてくる
存在を容認することはできないのです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター