アクセスランキング

サッカーが弱くてもいいのではないか

どうも私です。

日本がワールドカップグループリーグで敗戦しました。
敗因分析の記事がいたるところで
氾濫しています。

技術的な事は分かりませんが、精神論的な
敗因分析も多いです。日本人は本番に弱い、
闘志が足りなかったなど。

そして日本人は甘すぎる、サポーターが
代表を甘やかすからこうなった。
ハングリー精神が足りない。
そういう論調の記事もありました。
             
ハングリー精神が多いほうが勝つと
いうならばアジアでも先進国の日本が
5大会連続で本戦に出場しているのは
何故でしょうか。

発展途上国のほうがハングリー精神は
ありそうです。

10数年前の初出場に国中が歓喜して
出ることが当たり前になると
それに有難味を感じなくなる

スラムダンクの豊玉監督がいった
見てるほうはすぐ慣れるものや
という台詞を思い出しました。

精神論的なものが正しいとして
サポーターが代表に厳しくすべき
結果が出ない代表に空港で生卵
ぐらい投げてもいい過激な意見も
見ましたが、

日本人は和をもっての精神で普段生活を
しています。その精神のせいで、代表に
甘い空気が流れているというなら、
それはそれでいいんじゃないでしょうか。

いってはなんですが、たかがサッカーです。
世界中に人気があるとはいえ戦争でも
なんでもなく娯楽の一つです。

たかがサッカーが強くなるために、
サッカーをしただけの選手に
生卵をなげる必要があるなら、
サッカーが弱いままでいいのではないか。

オンゴウルで射殺された選手がいましたが、
それで代表が強くなったところで
なんだというのか。

スポーツ選手というのは華がある職業で
結果が出れば称賛される一方
結果が出なければ罵倒
されるのは分かりますが、

少なくとも生卵は勘弁です。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター